おちょやん-鶴亀撮影所のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する「鶴亀撮影所」のモデルと実話のネタバレです。

■鶴亀撮影所のネタバレ

竹井千代(杉咲花)は、京都のカフェー「キネマ」で働いた時に女優を志し、山村千鳥(若村麻由美)の一座に入った。

その後、山村千鳥(若村麻由美)は自分が独りよがりだったことに気付き、「山村千鳥一座」を解散して、修行の旅に出ることにした。

このとき、竹井千代(杉咲花)は、山村千鳥(若村麻由美)の推薦で「鶴亀撮影所」へと入り、「鶴亀撮影所」の大部屋女優となった。

そのころ、天海一平(成田凌)も「天海一座」が解散したため、「鶴亀」の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)の命令で、「鶴亀撮影所」の脚本部に入っていた。

竹井千代(杉咲花)は「鶴亀撮影所」で再会するが、しばらくすると、天海一平(成田凌)は居なくなっていた。

その一方で、竹井千代(杉咲花)は、「鶴亀撮影所」の大女優・高城百合子(井川遥)とも再会した。

その後、竹井千代(杉咲花)は、「鶴亀」の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)の命令で、道頓堀で旗揚げする劇団「鶴亀新喜劇」に入る事になり、再び道頓堀へと戻るのだった。

スポンサードリンク

■「鶴亀撮影所」のモデルとネタバレ

「鶴亀撮影所」のモデルは、「東亜キネマ」だと考えられる。

竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、父親に給料を搾取されている事を知ると、奉公先を逃げ出し、京都へと逃れて、口入れ屋(私設の職業紹介所)の紹介で京都のカフェー「オリエンタル」で女給になった。

そして、浪花千栄子は、女優になどなりたくは無かったのだが、女優志望の女給ユリちゃんに連れられて、仕方なく、無名のプロダクションを受験した。

すると、2人は試験も無く合格したが、これが出資詐欺のようなプロダクションで、結局は1本の映画も撮らずに倒産した。

このとき、浪花千栄子は、監督の推薦で、京都・第二京極の「三友劇場」に出演していた田村栄子一座に入った。

浪花千栄子は、女優になどなりたくはなく、屋敷奉公がしたかったので、田村栄子一座で女中の仕事をしていたのだが、何事にも手際が良いので、田村栄子の弟子にされてしまった。

そのようななか、田村栄子が肺炎で倒れたので、台詞を覚えていた浪花千栄子が代役として舞台「正ちゃんの冒険」で主演を務めた。

浪花千栄子は緊張のあまり、覚えていた台詞を忘れてしまうが、それを誤魔化すために、跳んだり跳ねたりして大暴れすると、それが客に受けに受け、舞台「正ちゃんの冒険」は大成功した。

こうして、浪花千栄子は田村栄子一座の看板女優となるのだが、田村栄子は癇癪持ちで、浪花千栄子に物を投げつけたり、階段から蹴落としたりした。

すると、「三友劇場」の主人は可愛そうに思い、浪花千栄子に「東亜キネマ」を紹介したので、浪花千栄子は「東亜キネマ」へと移った。

浪花千栄子は「香住千栄子」という芸名で、「帰ってきた英雄」に出演して映画デビューを果たし、その後、スター女優の仲間入りを果たしたが、「東亜キネマ」の理不尽じゃリストラに反発し、「東亜キネマ」を辞めた。

■渋谷天外も「東亜キネマ」の脚本部に在籍

天海一平(成田凌)も「鶴亀撮影所」の脚本部に入っているが、これは実話である。

天海一平(成田凌)のモデル2代目・渋谷天外は、「志賀廼家淡海一座」に居たとき、ロマン・ロランの「狼」という芝居を見て感銘を受け、「志賀廼家淡海一座」の芝居が汚いことに気付いた。

そこで、2代目・渋谷天外は、「志賀廼家淡海一座」に籍を置いたまま「東亜キネマ」の文芸部に入り、脚本の勉強をした。

そして、2代目・渋谷天外は「東亜キネマ」で映画の脚本を書き、映画を撮影したのだが、映画が上映禁止となったため、「東亜キネマ」を辞めて、「志賀廼家淡海一座」へ戻った。

スポンサードリンク

■補足のネタバレ

朝ドラ「おちょやん」では、竹井千代(杉咲花)と天海一平(成田凌)が同時期に「鶴亀撮影所」に在籍しているが、実話では同時期には在籍していない。

2代目・渋谷天外は「東亜キネマ」に在籍していたのは、大正14年4月から同年11月までで、浪花千栄子が「東亜キネマ」に入ったのは大正15年のことなので、一緒に在籍はしていないのである。
朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する