おちょやん-片金平八(カタキン所長/六角精児)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する片金平八(かたがね・へいはち/六角精児)の実在のモデルとネタバレです。

■片金平八(六角精児)のネタバレ

片金平八(六角精児)は「鶴亀撮影所」の所長で、「カタキン所長」と呼ばれている。

空手が好きなのか、いつも、ふんどし姿で正拳突きの稽古をしており、ふんどしからチョメチョメがハミ出るらしい。

さて、片金平八(六角精児)は、山村千鳥(若村麻由美)の推薦で竹井千代(杉咲花)を「鶴亀撮影所」の女優として採用した。

しかし、片金平八(六角精児)は竹井千代(杉咲花)の演技力は評価して居らず、大部屋女優からは抜け出せないと考えており、女優としては期待していなかった。

その後、スター女優・高城百合子(井川遥)に頼まれ、映画「太陽の女カルメン」で竹井千代(杉咲花)に重要な役を与えた。

スポンサードリンク

■片金平八(六角精児)の実在のモデル

朝ドラ「おちょやん」に登場する片金平八(六角精児)のモデルについては、六角精児が「モデルが実在すると聞いて驚きました」と言っているので、実在のモデルが存在する。

現時点では断定できないが、日活の所長だった池永浩久がモデルだと思われる。(理由は下ネタが入るので省略)

池永浩久は人情所長・名物所長として知られ、後に東宝の重役となった。

池永浩久については色々なエピソードが残っている。昭和の名女優・山田五十鈴の名付け親も、所長・池永浩久である。

高城百合子(井川遥)のモデルのネタバレは「おちょやん-高城百合子(井川遥)のモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する