おちょやん-第14週のあらすじとネタバレ

女優の浪花千栄子をモデルとするNHKの朝ドラ「おちょやん」の第14週のあらすじとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」の登場人物やモデルのネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■おちょやん-第14週のあらすじとネタバレ

第14週については、あらすじが判明していないので、実話から第14週の展開を推測してネタバレしておきます。

天海一平(成田凌)のモデル2代目・渋谷天外は、曽我廼家十吾と共に、昭和3年に「松竹家庭劇」を立ち上げたが、人気は出ず、低空飛行を続けていた。

しかし、渋谷天外と曽我廼家十吾が喧嘩をして、昭和6年に「松竹家庭劇」解散し、松竹の仲介により、再び渋谷天外と曽我廼家十吾が手を結び、昭和7年に「松竹家庭劇」が復活する。

このように、朝ドラ「おちょやん」が実話ベースでストーリーが進めば、第14週あたりで、天海一平(成田凌)と須賀廼家千之助(ほっしゃん)が大げんかをして「鶴亀家庭劇」が解散するという展開になると考えられる。

「鶴亀家庭劇」が解散しないにしても、天海一平(成田凌)と須賀廼家千之助(ほっしゃん)の対立は描かれるだろう。

続きは更新中なので「天国と地獄-サイコな2人-原作とあらすじとネタバレ」でもご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する