#リモラブ-第9話のあらすじとネタバレ

波瑠が主演する日本テレビのドラマ「#リモラブ」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のネタバレは「#リモラブ-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■#リモラブ-第9話のあらすじとネタバレ

円形脱毛症になった大桜美々(波瑠)は、円形脱毛症を「まるちゃん」と呼び、悩んでいた。

異変に気付いた青林風一(松下洸平)は、大桜美々(波瑠)に「なんでも受け止めるから話して」と頼んだ。

そこで、大桜美々が「まるちゃん」の事を打ち明けると、青林風一は「まるちゃんはまるちゃん、美々ちゃんは耳ちゃん」と言い、円形脱毛症を受け入れてくれた。

翌日、八木原大輝(髙橋優斗)は職場で大桜美々(波瑠)らに、乙牧栞(福地桃子)にプロポーズを断られた事を報告した。

それを聞いた大桜美々(波瑠)は、職場を代表して、乙牧栞(福地桃子)にプロポーズを断った理由を尋ねに行った。

すると、乙牧栞(福地桃子)は、八木原大輝(髙橋優斗)が夢を叶えて看護師になったのに、自分と結婚したら、父親が経営する居酒屋を継がないといけないため、結婚は出来ないのだと話した。

その日の夜、大桜美々(波瑠)は青林風一(松下洸平)に、乙牧栞(福地桃子)がプロポーズを断った理由を話した。

そこで、青林風一が一向に結婚の話しをしてくれないことに不満をもっていた大桜美々(波瑠)は、「結婚しよう。帰らないで」とプロポーズするが、青林風一は帰ってしまうのだった。

しかし、その後、青林風一から電話がかかってきて、大桜美々はキャンプに誘われた。

不思議に思った大桜美々が五文字順太郎(間宮祥太朗)に電話で相談すると、五文字順太郎は「夜空を観ながらプロポーズするのではないか」と言った。

一方、富近ゆり(江口のりこ)は、朝鳴肇(及川光博)の世話女房のようになっていた。

すると、朝鳴肇(及川光博)は、家族との時間を大切にするために社長室の室長を断った事を明かし、「誕生日おめでとう。クリスマスを一緒に過ごそう。今日は泊まっていきなよ」と言い、富近ゆり(江口のりこ)にネックレスをプレゼントした。

日曜日、大桜美々(波瑠)は青林風一(松下洸平)とキャンプに行くと、今か今かとプロポーズを期待していたが、青林風一はプロポーズしてくれなかった。

翌日、息子の朝鳴保(佐久間玲駈)は、朝鳴肇(及川光博)に「僕、新しいお母さんなんて要らない」と言った。

一方、営業部の岬恒雄(渡辺大)は、会社(鐘木パルプコーポレーション)が分社化する話しをキャッチし、五文字順太郎(間宮祥太朗)に「分社化して社員数1000人以下になったら、産業医を置かなくてい。リストラだ。美々先生(波瑠)が居なくなるんだよ」と教えた。

さて、大桜美々(波瑠)はキャンプから戻ると、五文字順太郎(間宮祥太朗)から会社が分社化されるというメッセージが届いた。

すると、青林風一(松下洸平)は2人がSNSでメッセージを交換している事を知っていたので、「嫉妬している。キャンプでプロポーズするはずだったのに」と明かした。

大桜美々(波瑠)が「どうして、星を見ているときに言ってくれなかったの?私だって言いたかった。結婚は貴方以外に考えられないって。もういい、帰ってください」と答えたのだった。

リモラブ-最終回のあらすじと結末ネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する