カムカムエヴリバディ-安子(上白石萌音)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する安子(やすこ/上白石萌音)のモデルとネタバレです。

■安子(上白石萌音)のモデルとネタバレ

安子(上白石萌音)は、日本でラジオ放送が始まった1925年に生まれ、ラジオと共に人生を歩み始め、ある男性と結婚し、長女・るい(深津絵里)を出産した。

こうして、安子は、幸せな家庭を築いたが、戦争によって夫を奪われ、全てを失い、アメリカを怨むようになるのだった。

しかし、安子は、ラジオから流れてきた英会話番組を聴いて、運命が変わり、長女・るい(深津絵里)と共に再び幸せな生活を取り戻すのだった。

スポンサードリンク

■キャストは上白石萌音

安子を演じるのは、「恋はつづくよどこまでも」「オー!マイ・ボス!恋は別冊」で人気急上昇中の上白石萌音です。

「恋はつづくよどこまでも」で、ドSの魔王こと佐藤健に挑んだ勇者・上白石萌音は、世間でも大きな反響を呼び、社会現象を起こしました。

上白石萌音は、NHKの大河ドラマなどには出演しているのですが、今回が初めての朝ドラ出演であり、大きな注目を集めています。

なお、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレは「カムカムエヴリバディ-あらすじとモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する