おちょやん-ジョージ本田(川島潤哉)のモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場するジョージ本田(川島潤哉)のモデルとネタバレです。

■ジョージ本田(川島潤哉)のネタバレ

ジョージ本田(川島潤哉)は、松竹撮影所の監督だが、ハリウッド帰りと言うだけで映画監督になってしまったという監督で、所長・片金平八と共に、竹井千代(杉咲花)の面接を担当する。

松竹撮影所は、山村千鳥(若村麻由美)の紹介だったので、竹井千代(杉咲花)を採用するが、女優としては期待していなかった。

スポンサードリンク

■ジョージ本田(川島潤哉)のモデル

ジョージ本田(川島潤哉)のモデルは、日活の映画監督として活躍したフランク徳永(徳永文六)だと考えられます。

映画監督のジャック阿部という可能性もあったのですが、ミカ本田と監督のジョージ本田が夫婦だと判明したので、最終的にモデルはフランク徳永だと判断しました。

フランク徳永は、10代で家族とともにアメリカに渡り、エキストラを経て俳優となり、大正11年(1922年)に日本人女優の砂田駒子(すなだ・こまこ)と結婚した。

翌年の大正12年に、妻・砂田駒子と共に帰国し、夫婦で東亜キネマの設立に参加し、映画監督に転向したという人です。

詳しく知りたい人は「砂田駒子(すなだ・こまこ)の生涯」をご覧ください。

■川島潤哉は朝ドラ3本目

川島潤哉は、朝ドラ「なつぞら」では、アニメの演出担当・宮田という役で出演し、朝ドラ「エール」で、小山田耕三(志村けん)の秘書・猿橋重三として出演しており、「おちょやん」のジョージ本田が3本目となる。

なお、高城百合子(井川遥)のモデルのネタバレは「おちょやん-高城百合子(井川遥)のモデルとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する