永田雅一が朝ドラ「おちょやん」のモデル浪花千栄子に激怒

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子が、永田雅一に激怒された理由を紹介します。

■浪花千栄子が映画に出る経緯

竹井千代(杉咲花)のモデル浪花千栄子は、夫の渋谷天外が不倫をして、愛人の九重京子に子供を生ませたので離婚し、昭和26年に松竹新喜劇を退団し、京都で花の師匠の2階を間借りして、ヒッソリと隠れ住んで没落していた。

その後、昭和27年、NHKのラジオ番組「アチャコ青春手帳」を始めた花菱アチャコが、大阪弁が喋れて自分のアドリブに対応できる相手役として、浪花千栄子を指名した。

こうして、京都で没落していた浪花千栄子は、花菱チャコの「アチャコ青春手帳」に出演するようになると、その綺麗な大阪弁が評判を呼び、映画界からも出演依頼が来るようになる。

スポンサードリンク

■永田雅一が浪花千栄子に激怒した理由

こうして映画界に復帰した浪花千栄子は、昭和27年に京マチ子が主演する映画「滝の白糸」に出演した。女芸人「みどり」という役だった。

しかし、浪花千栄子は映画に復帰して、まだ数本目だったため、映画に慣れておらず、かなりメイク(化粧)が酷かったようだ。

このため、映画を制作する大映の社長・永田雅一が、「こんなメイクアップの醜悪な女優は使ってはならん」と激怒した。

こうして、浪花千栄子は映画に復帰して数本目で、いきなり、女優生命の危機が訪れたが、これを救ったのが、映画監督の吉村公三郞だった。

■吉村公三郞の義理

ラジオ番組「アチャコ青春手帳」で芸能界に復帰した浪花千栄子を最初に映画に誘ったのは、映画監督の吉村公三郞だった。

吉村公三郞は昭和27年に映画「西陣の姉妹」を撮影することになり、浪花千栄子を出演候補に上がったのである。

しかし、吉村公三郞は最終的に東山千栄子を起用した。

このとき、吉村公三郞は浪花千栄子に「別の映画で起用する」と約束していたので、その約束を守り、永田雅一の怒りを買って女優生命の危機を迎えた浪花千栄子を映画「暴力」で起用した。

そして、浪花千栄子は映画「暴力」で好演技を見せ、女優生命の危機を乗り越え、後に吉村公三郞の名作「大阪物語」に出演することになる。

スポンサードリンク

コメントを投稿する