水無瀬碧(菅野美穂)が小説家になったネタバレ

日本テレビのドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない(ウチ彼)」の水無瀬碧(菅野美穂)が恋愛小説家になったあらすじとネタバレです。

■水無瀬碧(菅野美穂)が恋愛小説家になったネタバレ

水無瀬碧(菅野美穂)の実家は東京の一等地で老舗の写真館「水無瀬写真館」を経営していた。皇室の写真も撮影したことのある由緒ある写真館だった。

しかし、水無瀬碧(菅野美穂)の父親の時に地上げに遭い、アッサリと写真館(自宅)を売却した。一等地だったので、かなりのお金が貰えた。

大金を手にした両親は、念願のスイスへと移住し、山の写真を撮って暮らした。

駆け出しの小説家だった水無瀬碧(菅野美穂)は、両親が自宅を売却したので、家から放り出されてしまうが、頑張って小説「空の匂いを」を書き、大ヒットさせ、スズラン商店街の通りを渡った向こうに出来たばかりのタワーマンション「エンゼルフォレストタワー」を購入した。

その後、水無瀬碧(菅野美穂)は恋愛小説を次々とヒットさせ、「恋愛小説の女王」と呼ばれるようになったのだった。

なお、原作やあらすじは「ウチの娘は、彼氏が出来ない-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する