おちょやん-第20週「不倫が発覚」のあらすじとネタバレ

浪花千栄子がモデルとなるNHKの朝ドラ「おちょやん」の第20週「不倫が発覚」のあらすじとネタバレです。

「おちょやん」のモデルや実話については「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■第20週のあらすじとネタバレ

鶴亀新喜劇の発足から1年が経過し、1周年記念興行を行うことになったのだが、天海一平(成田凌)は脚本を書けないため、初心に返るという口実で、「お家はんと直どん」を上演することにした。

そのようななか、松竹歌劇団出身の朝日奈灯子(あさひな・とうこ)が、自分には喜劇女優は無理だったと言い、劇団を辞めることにした。

竹井千代(杉咲花)は朝日奈灯子の説得に向かうが、朝日奈灯子から「アンタの顔なんかみたくない」と言われてしまう。

竹井千代(杉咲花)は自分が朝日奈灯子を傷つけてしまったのではないかと思い、落ち込んでいると、須賀廼家千兵衛が天海一平(成田凌)と朝日奈灯子の不倫現場を目撃したと言うのである。

竹井千代(杉咲花)は何かの見間違いだと言って笑うが、天海一平(成田凌)は土下座で不倫を謝罪した。

激怒した竹井千代(杉咲花)は、うどん屋「岡福」に身を寄せると、病身の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)がやってきて、「鶴亀新喜劇」の事を頼まれた。

一晩考えた竹井千代(杉咲花)は、天海一平(成田凌)が朝日奈灯子を傷つけた事に腹が立っている事に気付き、朝日奈灯子が許してくれれば、不倫のことは無かったことにしようと決めた。

そこで、竹井千代(杉咲花)は、天海一平(成田凌)を連れて朝日奈灯子の家に謝罪しにいくのだが、朝日奈灯子の家からある人が出てきたのだった。

おちょやん-実話から第21週を予想」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する