霧に棲む悪魔-第59話のあらすじ-本物の御田園陽一

姜暢雄が出演するフジテレビ系の昼ドラマ「霧に棲む悪魔」の第59話のあらすじとネタバレです。


第58話のあらすじは「霧に棲む悪魔-第58話のあらすじと」をご覧下さい。原作や主題歌については、「霧に棲む悪魔の原作や主題歌」をご覧ください。
北川弓月(姜暢雄)が洞窟のことを糾弾すると、龍村玄洋(榎木孝明)は宝刀「オーストリア・ハプスブルクのサーベル」を北川弓月の喉元へ突きつけ、「圭以はくれてやる。2度とここへ来るな」と勧告した。
一方、日浦晴香(京野ことみ)は影山仁(大沢樹生)を搬送した病院の待合室で待っていた。そこへ龍村圭以(入山法子)がやってくる。
日浦晴香は龍村ファームに関する書類を龍村圭以に渡すと、「これで抵当は外せる。後は貴女の自由よ。私はあの人(影山仁)に付いていたいの」と告げて、影山仁の病室へ向かった。
龍村圭以(入山法子)は、病院へ駆けつけた北川弓月(姜暢雄)に龍村ファームに関する書類を渡し、弁護士・木島誠吾(鶴田忍)に渡して抵当権を削除する手続きを進めるように頼んだ。
北川弓月(姜暢雄)は書類を受け取ると、「気をつけて、御田園陽一(戸次重幸)は生きている」と告げて、病院を後にした。
その後、電話で呼び出された龍村圭以(入山法子)は龍の眠る丘にある廃校を訪れる。しばらくすると、教室に白い衣を着た男が現れた。男がフードを外す。男は御田園陽一(戸次重幸)だった。
龍村圭以(入山法子)は「貴方は誰?ゴシュは死んだ。ゴーシュと呼ばれた本物の御田園陽一はどうして死んだのか、貴方は知っているはずよ」と告げると、御田園陽一(戸次重幸)話し始めた。
それは16年前のことだった。御田園陽一(偽者)は関西に流れ着いたとき、命よりも大事な楽器をかばってリンチされていた御田園陽一(本物)助けた。
御田園陽一(本物)はとても感謝して、御田園陽一(偽者)を自宅に招いた。御田園陽一(偽者)は、守っていたチェロが3000万円もする事に興味を持ち、御田園陽一(本物)に付いていった。
その日の夜、火事が起きた。御田園陽一(偽者)は金目の物を持って逃げたが、崩れた壁の下敷きになり、病院へ運ばれた。
そこで、御田園陽一(偽物)は、盗んだ時計やチェロのイニシャルから御田園陽一(本物)に間違えられ、御田園陽一として生きていくことを決めたのだった。
御田園陽一(戸次重幸)は「そろそろ行こう。海外で暮らすんだ。金のことなら蓮見依子(中田喜子)と話しが済んでいる」と促す。
しかし、龍村圭以(入山法子)は「私にも秘密があった。それを知ってしまった以上は、何も無かったことには出来ないのよ。貴方と一緒に償っていこうと決めたの」と答えた。
2人が話していると、遠くから北川弓月(姜暢雄)の声が聞こえる。御田園陽一(戸次重幸)は龍村圭以(入山法子)を連れて廃校を出た。
北川弓月(姜暢雄)は龍村圭以(入山法子)を追いかけて森の中をさまよう。やがて、谷底に龍村圭以を見つけると、北川弓月は崖から谷底へ飛び降りた。
北川弓月(姜暢雄)は御田園陽一(戸次重幸)を殴り倒すが、龍村圭以(入山法子)が御田園陽一をかばった。
龍村圭以は北川弓月に、「秘密を知ってしまった以上、もう別の人間として生きていくことはできない。私は龍村家の後継者として生きていく。だから、北川弓月の妻にはなれない。許して」と謝罪した。
そして、龍村圭以は御田園陽一に「貴方は生きる強さを持った人。その強さを償いに充てましょう」と告げると、御田園陽一は絶叫した。
その後、龍村圭以(入山法子)が北川弓月(姜暢雄)に、「貴方には申し訳ないことをした。でも貴方に出会えて幸せだった」と謝罪すると、北川弓月は龍村圭以を抱きしめた。「霧に棲む悪魔-第59話の感想」へ続く。

コメントを投稿する

霧に棲む悪魔-第59話のあらすじ-本物の御田園陽一へのコメント

初めまして、ミステリー好きのおばさんです。
いつもこのサイトの管理人さんの推理を楽しく拝見させて頂いております。
さて、今回、私が推理した圭以の心変わりの真相ですが・・・
コリンズの『白衣の女』のドラマ化に当たり、イケメンで女性に人気の高い姜暢雄を主役の二枚目ウォルターに、「ザ・クイズショウ」のクセのある悪役を好演した戸次重幸を悪漢パーシヴァル卿に配役。
ところが実際にドラマが始まってみると、番組のターゲットである奥様層に人気があるのはローカル局の制作とはいえ人気のグルメ番組レポーターとして活躍中の戸次の方だった。
「戸次さんが悪役なら観ない!」とかいう感情的な意見が局のメールボックスに押し寄せ、急遽、脚本会議が招集。その結果、まだ撮影の済んでいなかったドラマの終盤部分が変更されて、御田園陽一が「実はいいひと」に。
本物の御田園陽一を強盗から助けた過去と、弓月を庇って死ぬ展開が付け加えられ、そうなると「いいひと」である夫をヒロインが裏切るわけにもいかず・・・
という大人の事情があったのではないでしょうか?
(あくまで私の「推理」ですが)
物語途中からのオヤオヤな展開に制作側の裏事情が想像され、私には別な意味で大変面白いドラマでした。

  • 投稿者-
  • 40代主婦
  • -2011年7月1日

ご自分の予想がはずれたら面白くないといっていませんか?
納得のいかないのはわかりますが、何をもって面白くないといっているのかがわかりません。
面白くないのなら、ご自分で作品を作られてみてはいかがでしょうか?(笑)

  • 投稿者-
  • koneko
  • -2011年7月1日

40代主婦さんへ。
大人の事情や東日本大震災などの影響で、結末の変更を余儀なくされたのかもしれませんね。御田園陽一(戸次重幸)は悪魔と呼ばれていたのだから、最後まで悪魔を貫いて欲しかったです。
konekoさんへ。
私の予想はよく外れていますし、良い方向に予想を裏切ってくれた方が嬉しいので、予想の当たり外れと、面白いかつまらないかは別だと考えています。
終盤がつまらなくなった理由の1つは、龍村圭以(入山法子)の心境の変化が理解しづらい点です。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年7月1日