全開ガールのネタバレ

皆藤愛子が出演するフジテレビ系の月9ドラマ「全開ガール」の第1話「キスから何も始まらない事証明してやる」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「全開ガールのあらしすじとネタバレ」からの続きです。主題歌と原作は、「全開ガールの主題歌や原作」をご覧ください。
鮎川若葉(新垣結衣)は保育園で、保育士の花村うらら(皆藤愛子)から、山田草太(錦戸亮)は保育園で有名なイクメン(育児をする男性)であることを教えられるが、鮎川若葉は山田草太のことを信用しなかった。
やがて、鮫島桜川法律事務所へ戻った鮎川若葉(新垣結衣)は、次の仕事が無いため、先輩弁護士の新堂響一(平山浩行)に声をかけ、仕事を引き受ける。
鮎川若葉(新垣結衣)が仕事をしていると、保育園から電話がかかってきた。桜川日向(谷花音)に熱があるということだった。鮎川若葉が保育園へ駆けつけるが、既に体温は下がっていた。
鮎川若葉(新垣結衣)は、保育士の花村うらら(皆藤愛子)に、「夜遅くまで預かってくれますか」と尋ねると、花村うららは「規則で夜7時までしか預かれない」と答えた。
今日中に新堂響一(平山浩行)から引き受けた仕事を終わらせなければならないため、困っていると、園児のビー太郎(高木星来)が桜川日向(谷花音)に「うちにおいでよ」と誘った。
鮎川若葉(新垣結衣)は山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)のことを信用していなかったが、山田草太は「ル・シャトー」のシェフで職場で定期に子供を預かっていることを知ると、仕事のために妥協して桜川日向(谷花音)を預けることにした。
その日の夜、鮎川若葉(新垣結衣)は引き受けた仕事を終え、桜川日向(谷花音)を引き取るためにレストラン「ル・シャトー」へ向かう。しかし、教えられた住所にレストランは無い。そこにあったのは、ボロボロの定食屋「ル・佐藤」だった。
鮎川若葉(新垣結衣)が定食屋「ル・佐藤」へ入ると、厨房で山田草太(錦戸亮)が料理を作っていた。山田草太が「味は保証します」と言って、鮎川若葉にスパゲティーを出す。
空腹に耐えかねた鮎川若葉(新垣結衣)が1口食べる。本当に美味かった。鮎川若葉は料理をタッパーへ入れると、桜川日向(谷花音)を引き取るって帰宅する。
鮎川若葉(新垣結衣)は桜川日向(谷花音)を寝かしつけようと、色々な本を読むが、2時間経っても桜川日向は寝なかった。やがて、桜川昇子(薬師丸ひろ子)が帰宅し、鮎川若葉の1日は終わる。
帰宅して倒れ込むように眠った鮎川若葉(新垣結衣)は夢を見ていた。鮎川若葉は子供の頃、父親が連帯保証人になったせいで貧乏生活を余儀なくされていた。借金の取り立てで給食費を持って行かれることもあった。しかし、拾った六法全書で勉強をして、借金の取り立てを追い返したこともあった。お金と法律とが全て…。
翌朝、鮎川若葉(新垣結衣)が目覚めると、午前9時前だった。桜川日向(谷花音)を保育園に送る時刻も過ぎており、大幅な遅刻だった。
鮫島桜川法律事務所に出勤した鮎川若葉(新垣結衣)は、桜川昇子(薬師丸ひろ子)に「馴れない育児でつい…」と釈明する。桜川昇子は、新堂響一(平山浩行)から仕事を引き受ける前に与えられた仕事をしなさい、と告げて事務所を出て行った。
あるとき、鮎川若葉(新垣結衣)は公園で桜川日向(谷花音)らを観ていた。通りかかった山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)が声をかけると、鮎川若葉は「本で勉強して、子供を理解するために観察している」と答えた。
山田草太(錦戸亮)は「本で勉強するよりも、子供と一緒にやってみることが大事じゃないかな」とアドバイスすると、段ボールを渡して、七夕の飾り付けを頼んで立ち去った。
山田草太(錦戸亮)が定食屋「ル・佐藤」へ戻ると、三つ葉の森保育園から電話が入る。桜川日向(谷花音)とビー太郎(高木星来)がキスをして、桜川日向が病院へ運ばれたという知らせだった。
山田草太(錦戸亮)は病院へ駆けつけると、鮎川若葉(新垣結衣)や桜川昇子(薬師丸ひろ子)も病院へ駆けつけてきた。
医師がみんなに、「アナフィラキシーショック(アレルギー反応)でした。男児の唇にピーナッツバターが付いていたようです。点滴をしたので、もう大丈夫です」と説明した。
山田草太(錦戸亮)が「ビー太郎がキスするなんて…。すみませんでした」と謝罪すると、保育士の花村うらら(皆藤愛子)が「違うんです」と言って、当時の状況を説明した。
花村うらら(皆藤愛子)によると、桜川日向(谷花音)がビー太郎(高木星来)にキスしたのだった。
「なら、仕方ないわね」と言って立ち去る桜川昇子(薬師丸ひろ子)の背中に向かって、山田草太(錦戸亮)は「すみませんでした」と頭を下げる。
その様子を見た鮎川若葉(新垣結衣)は「悪くないのに、どうして謝るの?アメリカでは、謝るということは非を認めるという事よ」と告げる。しかし、山田草太(錦戸亮)は「ここは日本だし、申し訳ないという気持ちがあれば、謝るのは当然です」と答えた。
鮎川若葉(新垣結衣)は桜川日向(谷花音)にキスをした理由を尋ねるが、桜川日向は黙秘権を行使した。
一方、山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)はビー太郎(高木星来)を迎えに保育園へ行くと、七夕の笹が飾り付けられていた。園長の花村仁(竹内力)から話しを聞くと、鮎川若葉(新垣結衣)は「押しつけられた仕事だけど、やり遂げました」と言い、飾り付けたとのことだった。
ふと、山田草太(錦戸亮)は七夕に飾った短冊を気付く。桜川日向(谷花音)は短冊に「あかちゃんがほしいです」と書いてあった。
山田草太(錦戸亮)は鮎川若葉(新垣結衣)に電話して、「日向ちゃんは、赤ちゃんが欲しかったのではないか。ビー太郎が『キスすると赤ちゃんができる』と言ったらしい」と伝えた。
鮎川若葉(新垣結衣)は桜川日向(谷花音)に、「キスしても赤ちゃんはできません」と言い、染色体の説明を始めたが、桜川日向は寝てしまった。
やがて、桜川昇子(薬師丸ひろ子)から電話が来る。桜川昇子が「キスした理由は分かった?もうしないように言い聞かせた?」と尋ねる。鮎川若葉(新垣結衣)は「明日までには必ず」と答えると、桜川昇子は「明日から来なくていいわ」とクビを宣告した。
その日の深夜、鮎川若葉(新垣結衣)は公園に山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)を呼び出す。
ベロベロに酔っぱらった鮎川若葉は「アンタがビー太郎にキスで子供が出来るなんて言うから、私がクビになったんだ」と言って、山田草太に絡む。
そして、「キスなんて単なる皮膚と皮膚との接触よ。キスから何も始まらないことを証明してみせる」と言い、鮎川若葉(新垣結衣)は山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)にキスをしようとした。
しかし、酔っぱらった鮎川若葉(新垣結衣)は胃から熱い物が逆流してくる。鮎川若葉はなとか、口先まででかかったゲロを飲み込んだ後、山田草太にキスをするのであった。「全開ガールの感想」へ続く。

コメントを投稿する