新垣結衣のゲロチュー

ガッキーこと新垣結衣が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「全開ガール」の第1話「キスから何も始まらない事証明してやる」の視聴率と感想です。第1話の視聴率は14.6%です。


ドラマ「全開ガール」のあらすじとネタバレは「全開ガールのあらすじ」をご覧ください。
夏ドラマ「全開ガール」が始まった。全開ガールは、「これぞ月9(月曜9時)」と言える、月曜9時の王道を行くラブコメディードラマで面白かった。
このところ、月9ドラマは、中途半端にミステリー要素が入ったドラマが多くて辟易していた。やはり、月9はドラマ「全開ガール」のように恋愛要素の強いドラマの方が良い。
みどころは色々とあるが、第1話の1番のみどころは、鮎川若葉(新垣結衣)のゲロチューだろう。ゲロチューとは、ゲロをしたままの口でキスすることである。
公園でワンカップを片手にベロベロに酔っぱらった鮎川若葉(新垣結衣)が、口いっぱいに広がったゲロを飲み込み、そのまま山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)にキスするシーンは絶妙だった。
しかも、ゲロチューが鮎川若葉(新垣結衣)のファーストキスである。ファーストキスがゲロの味なので、この後の展開が十分に期待出来そうだ。
加えて、桜川日向(谷花音)のキスシーンが先にあったので、鮎川若葉(新垣結衣)は5歳の桜川日向にファーストキスで負けているという点も非常に面白い。鮎川若葉と桜川日向との関係も、どのように展開していくのか楽しみである。
さて、東大を主席で合格した新進気鋭の弁護士・鮎川若葉(新垣結衣)は、お金と法律とが全てだと考えているようである。
その原因は幼少期にあるようだ。鮎川若葉(新垣結衣)は子供のころ、父親が連帯保証人になったために借金を背負い、貧乏生活を過ごしていた。小学生の頃は、中古の黒いランドセルを赤く塗って、通学していたようだ。
鮎川若葉(新垣結衣)は借金とりに給食費を奪われたさい、捨ててあった六法全書を見つけ、その六法全書で法律を勉強したようだ。連帯保証人になった父親は準自己破産をしていたのだが、幼少期の鮎川若葉が自己破産の手続きをしたのかは不明である。
一方、定食屋「ル・佐藤」のシェフ山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)は子連れのバツイチである。子供のビー太郎こと山田笑太郎(高木星来)は、逃げた妻の連れ子なので、父の山田草太とは血のつながりはない。
山田笑太郎は、「ビービー」とよく泣くから「ビー太郎」と呼ばれているようだ。
連帯保証人となり他人の借金により苦しんでいた父親と、逃げた妻の連れ子を育てる山田草太(関ジャニ∞の錦戸亮)のイメージがなんとなく被る。このあたりは、最終回への伏線になっちえるのだろうか。
さて、鮎川若葉(新垣結衣)は、就職先の国際弁護士事務所「スミス・アンド・クラーク」が日本から撤退したため、鮫島桜川法律事務所で働くことになった。
そこで、与えられた仕事は、所長・桜川昇子(薬師丸ひろ子)の愛娘・桜川日向(5歳=谷花音)のベビーシッターだった。
ベビーシッターはこれまでに26人が辞めている。辞めた理由は、桜川日向(谷花音)にあるのか、母親の桜川昇子(薬師丸ひろ子)にあるのかは分からない。
気になったのは、桜川昇子(薬師丸ひろ子)が桜川日向(谷花音)のために、人形を買ってくるシーンである。
桜川日向は「人形は卒業した」と言っているのにもかかわらず、桜川昇子は人形を買って帰った。親子には、人形にまつわる過去があるのかもしれない。
また、「鮫島桜川法律事務所」という名前も気なった。所長が桜川昇子なので「桜川」については分かるが、「鮫島」が誰なのかがわからない。離婚した夫の姓だろうか。謎である。
さて、2011年春のママ友地獄ドラマ「名前をなくした女神」の進藤羅羅(しんどう・らら)役で評判になった谷花音が、ドラマ「全開ガール」に出演している。
谷花音は、鮎川若葉(新垣結衣)にお守りされる桜川日向(5歳)役だ。今回は少々大人びた子供のキャラクターだが、見事にこなしている。
桜川日向(谷花音)はビー太郎(高木星来)にキスをするのだが、ビー太郎の口に付いていたピーナッツバターが現任でアナフィラキシーショック(アレルギー反応の1種)で倒れてしまった。
桜川日向(谷花音)がビー太郎(高木星来)にキスした原因は、赤ちゃんが欲しいからだった。桜川日向は大人びているが、それは寂しさの裏返しなのだと思う一方で、ビー太郎は単なる種馬だったのだろうか、と心配した。
さて、ドラマ「全開ガール」はガッキーこと新垣結衣を中心に、皆藤愛子・谷花音・蓮佛美沙子という綺麗どころを揃えているので、観ているだけでも目の保養になる。
関ジャニ∞の錦戸亮は、ドラマ「犬を飼うということ-スカイと我が家の180日」の時とは違ったタイプの優しそうなパパになっていた。
ただ、白いタンクトップを着ているシーンでは、ドラマ「ジョーカー」を思い出してしまったので、白いタンクトップはやめて欲しかった。
ナース服で女装した竹内力が錦戸亮の首を絞めるシーンも観られたし、ラブコメディーとしてなかなか面白いと思う。できれば、借金の取り立ても竹内力にやって欲しかった。
全開ガールの主題歌と原作は、「全開ガールの主題歌や原作」をご覧ください。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。




コメント欄

もう笑うしかない(笑)

  • 投稿者-
  • あちゃ

そうよ~~~

  • 投稿者-
  • おかま