チームバチスタ3-第3話のネタバレ-須賀秀介の告白

仲村トオルが出演するフジテレビ系の医療ミステリードラマ「チームバチスタ3-アリアドネの弾丸」の第3話「偽りの死亡時刻」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「チームバチスタ3-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。
そのころ、白鳥圭輔(仲村トオル)は、エンジニア友野優一(矢柴俊博)の死因をヘリウムによるもとし、死亡推定時間から死亡時間を計算していた。計算の結果、友野優一が死亡した時間は午前1時頃だと判明した。
白鳥圭輔(仲村トオル)らは島津吾郎(安田顕)から話しを聞く。田口公平(伊藤淳史)は部屋の隅に置いてある透明のアクリルケースについて尋ねた。
島津吾郎(安田顕)は、「死んだ人間をこのケースにいれてMRIで検査する予定だが、業者がサイズを間違えたのでまだ使用していない」と答えた。
田口公平(伊藤淳史)は「この容器にヘリウムを充満させるには、何リットル必用ですかね」と尋ねるが、島津吾郎(安田顕)には質問の真意が理解できない。
すると、白鳥圭輔(仲村トオル)は、エンジニア友野優一(矢柴俊博)の本当の死亡時間を明かし、友野優一は殺されたと告げたうえで、島津吾郎(安田顕)にアリバイを尋ねた。
容疑者にされて困惑する島津吾郎(安田顕)は、「友野優一が死んで困ってるのは僕だ。僕なら、磁場を完成させてから、殺しますよ」と答えた。
さに、島津吾郎(安田顕)は、「この前は病気だと思って調べたが、殺人事件と考えて調べると、何か見つかるかもしれない」と言い、友野優一(矢柴俊博)のAIの画像を調べるために部屋を出た。
白鳥圭輔(仲村トオル)は、桜宮署の刑事・玉村誠(中村靖日)を呼び、アクリルケースの内部を調べるように依頼し、上司へ報告するよりも先に結果を教えてくれるように頼んだ。
その後、白鳥圭輔(仲村トオル)らは笹井スミレ(小西真奈美)の元を訪れ、事件当時のアリバイを聞く。笹井スミレは「午後6時頃まで病院で仕事をし、その後は1人で帰宅した」と答えた。
助手をしている須賀秀介(市川知宏)は「午後9時まで、法医学教室で一緒に居たが、先に帰った」と答えた。さらに、言葉を続けようとしたが、口ごもってしまった。
その後、島津吾郎(安田顕)は白鳥圭輔(仲村トオル)らを呼び出し、友野優一(矢柴俊博)の首にわずかな出血らしき影をしたことを報告する。
出血は、首を絞められたときにもできるが、首を絞めたときにできた出血とは断定できなかった。
その後、刑事・玉村誠(中村靖日)がやってくる。玉村誠(中村靖日)は白鳥圭輔(仲村トオル)らに、アクリルケースの内部から友野優一(矢柴俊博)の指紋を検出したことを報告した。
白鳥圭輔(仲村トオル)の推測は確信に変わった。白鳥圭輔は玉村誠(中村靖日)に捜査を進めるように頼んだ。
しかし、玉村誠は「検視が終わり、もう事件性は無いと判断が下っている。もう遺体は焼かれているし、検死官を否定する事にもなる。お役に立てずに、もうしわけありません」と頭を下げた。
あるとき、笹井スミレ(小西真奈美)の司法解剖の助手をしている須賀秀介(市川知宏)が、田口公平(伊藤淳史)に事件当日のことを打ち明けた。
あの日、須賀秀介(市川知宏)は帰ろうとしたとき、男が法医学教室へ入って行くところを目撃していた。須賀秀介は隣の準備室から法医学教室を覗くと、笹井スミレ(小西真奈美)が男と話していたのだった。
2人が法医学教室へ入ると、室内で話しを聞いていた白鳥圭輔(仲村トオル)が、「誰かって誰よ」と問いかける。しかし、男は須賀秀介(市川知宏)が知らない人物だった。
そのとき、テレビでは斑鳩芳正(いかるが=高橋克典)が「松崎さん事件」についてコメントしていた。須賀秀介(市川知宏)はブラウン管に映った斑鳩芳正を見て、顔色を変える。
そこへ、笹井スミレ(小西真奈美)がやってくる。白鳥圭輔(仲村トオル)は「友野優一が殺された夜、君が見たのはこの男だろ」と告げる。
笹井スミレ(小西真奈美)は「知りたかったら捜査令状でも取ってきて」と言い残し、解剖へ向かうのであった。「チームバチスタ3-第3話の感想」へ続く。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。