「フリーター、家を買う。SP」のあらすじとネタバレ

嵐の二宮和也が主演するフジテレビのスペシャルドラマ「フリーター、家を買う。SP」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


武誠治(二宮和也)が大悦土木に入社してから、1年が経っていた。母の武寿美子(浅野温子)は、鬱病が回復に向かってい、コーラスを始めていた。
工事現場で事故に遭った豊川哲平(関ジャニ∞の丸山隆平)は、弁当屋で働いており、星野あかり(岡本玲)との交際も順調だった。
ある日、武家に男が訪れる。男は、武寿美子(浅野温子)の兄・浅岡久志(国広富之)だった。武寿美子はコーラスの練習に出ており、浅岡久志は武誠一(竹中直人)に用件を告げる。
武寿美子(浅野温子)は毎年、両親の命日に供え物を贈っていたが、去年は贈っていなかった。兄の浅岡久志(国広富之)はそれが気がかりで、武家を訪れたのだった。
武誠一(竹中直人)は口ごもりながらも、武寿美子(浅野温子)が鬱病になったことを明かす。兄の浅岡久志(国広富之)は「やはり、寿美子は苦労したわけですね。貴方と結婚して」と2人の結婚を悔やんだ。
武誠治(二宮和也)は自分の部屋で、姉の永田亜矢子(井川遥)から、両親は結婚式を挙げていないことを知らされる。
武寿美子(浅野温子)が帰宅すると、武誠一(竹中直人)は兄の浅岡久志(国広富之)が来たことを教え、「空き家になってる実家を取り壊すらしい。荷物をどうすれば良いかだって」と伝えた。
その日の夜、和歌山県に転勤している千葉真奈美(香里奈)が、東京へ出張することになり、交際中の武誠治(二宮和也)に報告する。しかし、武誠治はどこか間の抜けた返事しかしなかった。
ある日、東京へ戻ってきた千葉真奈美(香里奈)は、武誠治(二宮和也)と会う。2人がレストランを出で歩いていると、千葉真奈美の携帯電話が鳴る。母の千葉小百合(風吹ジュン)からの電話だった。
千葉小百合(風吹ジュン)は、東京へ戻ってきているのなら、泊まりに来なさい、と伝える。千葉小百合は再婚していたが、再婚相手と1か月前に離婚したらしい。
事情を知った武誠治(二宮和也)は「それは戻ってあげた方がいい」と帰宅を促すと、千葉真奈美(香里奈)は「じゃ、一緒に行こう」と言い、武誠治を実家へ連れて行く。
酔っぱらっている千葉小百合(風吹ジュン)は武誠治(二宮和也)のことをあれやこれやと質問した後、「結婚するの?」と訊く。
千葉真奈美(香里奈)は「結婚はしない」と答えると、「様子を見に来ただけだけら」と言い、武誠治(二宮和也)を連れて実家を出た。
一方、武家の電話が鳴り、武寿美子(浅野温子)が電話に出る。電話は兄の浅岡久志(国広富之)からだった。武寿美子は、実家の荷物は処分してもかまわない、と伝える。
翌日の夜、大悦土木のメンバーらが千葉真奈美(香里奈)を迎えて、居酒屋で飲み会を開く。
弁当屋でアルバイトをしていた豊川哲平(丸山隆平)は、営業の正社員として誘われていることを報告する。それを聞いた社長の大悦貞夫(大友康平)は、「お前の事を心配してたんだ」と男泣きする。
さらに、豊川哲平(丸山隆平)は、星野あかり(岡本玲)との結婚を発表する。しかし、豊川哲平が正社員になったばかりで、星野あかりの両親が反対していた。
飲み会がお開きになり、武誠治(二宮和也)と千葉真奈美(香里奈)の2人は歩いて帰る。千葉真奈美は両親の離婚や再婚を目の当たりにして、結婚について疑問を感じていることを打ち明けた。
そして、千葉真奈美(香里奈)は、道端に捨てられている猫を見つけて、実家へ持ち帰る。
母親の千葉小百合(風吹ジュン)は世話できないと反対するが、千葉真奈美は「和歌山に帰るまでに引き取り手を探す」と言い、千葉真奈美が猫の面倒を見ることになる。
翌日、千葉真奈美(香里奈)が会議に出席していると、母の千葉小百合(風吹ジュン)から電話があった。千葉小百合は「猫の元気がない」と相談する。千葉真奈美は会議で帰れないため、武誠治(二宮和也)に猫のことを頼んだ。
他方、星野あかり(岡本玲)は両親に何も説明せずに、豊川哲平(丸山隆平)を実家へ連れて行く。星野あかりの実家は酒屋だった。星野あかりは店番をしている父親に、結婚相手の豊川哲平を紹介した。
豊川哲平(丸山隆平)は父親に結婚の決意を述べるが、父親は新聞を開いて顔も上げない。緊張に絶えきれなくなった豊川哲平は棚にあった酒を買い、店を出た。
店を出て少し冷静になった豊川哲平は、気付く。母親に挨拶していない…。「『フリーター、家を買う。SP』のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する