蜜の味-第2話のあらすじとネタバレ

菅野美穂が主演するフジテレビの木曜10時ドラマ「蜜の味 A Taste Of Honey」の第2話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは「蜜の味-第1話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作と主題歌は「蜜の味-原作と主題歌」をご覧ください。
工事現場で子供の救急処置を終えて帰宅した原田彩(菅野美穂)は、池澤雅人(ARATA)に「結婚しよう。来月、今月でもいい」と言いだした。
翌朝、池澤雅人は工事現場で救急処置を手伝わなかった森本直子(榮倉奈々)について、「直子は研修医と言っても、入学式の翌日だろ。長い目で見てやって欲しい」と頼むと、原田彩は「昨日の事は忘れる。もうすぐ姪になるんだから」と答える。
その日、東和医科大学病院の教授・霧島正(佐野史郎)は、原田彩(菅野美穂)にオリエンテーションの講義を任せる。原田彩も来月の9日に結婚することを霧島正に報告した。
原田彩(菅野美穂)は森本直子(榮倉奈々)らC班に講義を行う。森本直子は体調が悪いらしく、途中で講義を抜け出して帰宅する。
一方、東和医科大学病院内では、池澤雅人(ARATA)と原田彩(菅野美穂)の2人がセントフォルトゥーナ教会で結婚する話しが広まっていた。
池澤雅人(ARATA)は同僚から祝福されるが、式場がセントフォルトゥーナ教会になったことなど知らなかった。池澤雅人は原田彩(菅野美穂)を屋上へ呼び出し、噂の確認をする。
原田彩は「教会は牧師さんが父の患者さんだから、予約が取れたの。今度からは何でも相談して決める」と謝り、森本直子(榮倉奈々)が体調を崩したことを伝える。
池澤雅人(ARATA)は仕事で病院を離れられないため、原田彩(菅野美穂)は、森本直子(榮倉奈々)のアパートまで様子を観に行くことにした。
森本直子(榮倉奈々)の部屋を訪れた原田彩(菅野美穂)は、森本直子を診察する。大した熱も無く、扁桃腺も腫れていなかった。
診察を受ける森本直子(榮倉奈々)は、原田彩(菅野美穂)が以前に「患者は診ない」と言っていたことを思い出し、不信感を抱く。
原田彩(菅野美穂)は持ってきた薬を手渡すと、池澤雅人(ARATA)と結婚することを報告する。森本直子(榮倉奈々)は突然の結婚報告に呆然としてしまう。
その日の夜、当直で病院を抜けられない池澤雅人(ARATA)は森本直子(榮倉奈々)に電話して様子をうかがう。森本直子は、結婚について尋ねた。
池澤雅人が「突然、そういう流れになったんだ」と答えると、森本直子は「全部、あの人が決めるんだ。あの人の言いなりなんだ」と責める。そこで、呼び出しのベルが鳴り、池澤雅人は仕事に戻るため、電話を切った。
翌日、森本直子(榮倉奈々)が東和医科大学へ向かっていると、当直が終わり、様子を見に来た池澤雅人(ARATA)と遇った。
森本直子が「私は医者に向いていない」と弱音を吐くと、池澤雅人(ARATA)は「みんな自信なんて無い。俺も成績は悪かったけど、患者さんに良くなって欲しいと思って頑張ってるんだ」と諭す。
そこへ、頼陽華(木村文乃)らC班のメンバーが通りかかり、森本直子(榮倉奈々)に声を掛ける。森本直子は頼陽華らと合流した。
蜜の味 A Taste Of Honey-第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメントを投稿する