原田彩(菅野美穂)が池澤雅人(ARATA)と結婚

榮倉奈々が出演するフジテレビの木曜10時ドラマ「蜜の味 A Taste Of Honey」の第2話のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「蜜の味-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。
1週間後、池澤雅人(ARATA)と原田彩(菅野美穂)の2人が牛窓ヶ崎駅で電車を降りる。牛窓にある森本直子(榮倉奈々)の実家実家は、池澤雅人の実家でもあった。
池澤雅人(ARATA)は牛窓で生まれ、6歳まで牛窓で育ったが、6歳の時に横浜に住む親戚・池沢家の養子になった。それからは毎年、夏休みになると牛窓に戻ってきていたが、研修医になってからは仕事が忙しく、足が遠のいていた。
池澤雅人(ARATA)らが実家に到着する。原田彩(菅野美穂)はお嬢様なのに印象も良く、森本洋介(阿南健治)夫婦は弟・池澤雅人の結婚を祝福した。
その日の夜、池澤雅人(ARATA)らは実家に泊まる。原田彩(菅野美穂)は森本直子(榮倉奈々)の部屋の前を通りかかると、部屋の中を見たいと言いだした。
2人で森本直子(榮倉奈々)の部屋へ入る。柱には、森本直子の身長を記した跡が残っていた。
原田彩(菅野美穂)は「直子さんは愛されていたのね。私の両親は医者で、心配されたことがない。私も心配されたい」と言い、池澤雅人(ARATA)の胸に飛び込んだ。
その日の夜、原田彩(菅野美穂)が、引越の手伝いを大学の学生に手伝って貰おうと提案するが、池澤雅人(ARATA)は「若い子は力がないからなぁ」と、あまり乗り気ではない。
すると、原田彩(菅野美穂)は「直子さん(榮倉奈々)に食器の整理だけでも手伝ったもらおう」と言い、携帯電話を操作し始めた。
ある日、原田彩(菅野美穂)に呼ばれた森本直子(榮倉奈々)が、池澤雅人(ARATA)らの新居へやってくる。池澤雅人は当直で不在だった。
原田彩(菅野美穂)は食器を棚に整理するように頼むと、仕事で大学へ戻らなければならくなったことを告げ、マンションを出て行く。
食器の整理が終わり、新居の部屋を見回っていると、森本直子(榮倉奈々)は寝室で結婚指輪を見つけてしまう。
その日の夜、森本直子(榮倉奈々)は大学病院を訪れ、当直している池澤雅人(ARATA)を呼び出す。そして、あの雨の日からずっと池澤雅人のことが好きだったことを打ち明けた。
森本直子(榮倉奈々)が東和医科大学に入ったのは、医者になりたいわけではなく、大好きな池澤雅人(ARATA)の側に居たかったからだった。
しかし、池澤雅人(ARATA)は、森本直子(榮倉奈々)の気持ちに気付いていなかった。
森本直子は「あの人(菅野美穂)は私の気持ちに気付いてる。だから、風邪薬を持ってきたり、新しいマンションを見せたりするのよ。雅兄ちゃんにも私の気持ちを知っておいて欲しかったの」と明かした。
そこで、池澤雅人の呼び出しベルが鳴る。池澤雅人は「東京へ出てきたばっかりで、不安ときに、俺と彩のことで傷つけちゃったな。でも、俺はどこにも行かないし、ずっと側に居るから、お互い良い医者になるために頑張ろうよ。そして、もう1度、昔の俺と直子に戻ろう」と言い残して大学病院の中へと消える。
2日後、セントフォルトゥーナ教会で結婚式が行われる。新郎の池澤雅人(ARATA)は黒のモーニングで入場した。池澤雅人を見た森本直子(榮倉奈々)は「白衣の方が全然、かっこいい」とつぶやくのであった。
蜜の味 A Taste Of Honey-第2話の視聴率と感想」へ続く。「蜜の味-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメントを投稿する