日本沈没-原作のあらすじとネタバレ

小栗旬が主演するTBSのドラマ「日本沈没-希望のひと」の原作のあらすじとネタバレです。

■日本沈没-原作のあらすじとネタバレ

東京では、駅の建物に小さな亀裂が見つかったり、リニア超特急の工事も測量にズレが見つかったりしていた。

そのようななか、小笠原諸島のある島が、一夜にして海の中に沈んで消滅した。その島は数年前に誕生した島で、まだ名前も付いていない「名無し島」だった。

そこで、潜水士の小野寺俊夫は、地球物理学者の田所雄介、海洋地質学者の幸長助教授とともに、観測船で現地調査に向かうと、海底が200メートルも沈んでおり、海底の大きな溝などを発見し、確実に海底で何かが起きている事を感じるのだった。

スポンサードリンク

■阿部玲子との出会い

依然として、東京では体に感じない程度の地震が頻繁に発生するなか、小野寺俊夫は、上司の吉村部長から地方財閥の令嬢・阿部玲子との見合いを勧められ、阿部玲子と出会う。

阿部玲子の実家は、伊豆半島の小さな島を持っており、小野寺俊夫が勤務する「海底開発」が、その島の近くでボウリング調査をして、何かの鉱脈を発見しており、この見合いには何か裏がありそうだった。

阿部玲子は、この結婚が政略結婚だと知っていたが、吉村部長が好みをリサーチしていたらしく、小野寺俊夫はタイプの男性だった。

阿部玲子は結婚には興味がなかったが、体の関係には積極的で、浜辺で小野寺俊夫を抱こうとするが、そのとき、大きな地震に襲われた。伊豆の天城山が噴火する。

天城山の噴火は地震によって誘発されたもので、天城山に続いて周辺の火山も噴火し、翌日には浅間山も噴火したのだった。

■田所雄介の秘密

総理大臣が地震について専門家を集めて意見を聞くことに決めたので、幸長助教授は内閣府の知り合いから専門家の推薦を頼まれた。

そこで、幸長助教授は研究を発表するべきだと言い、田所雄介に出席を打診するが、田所雄介は自分は宗教団体「世界海洋教団」をスポンサーにしていることから、学会から異端児扱いされている事を理由に出席を断った。

しかし、「世界海洋教団」というのはアメリカの隠れ蓑であり、田所雄介は「世界海洋教団」から支援を受けながらも、研究の一部を「世界海洋教団」に報告していなかった

幸長助教授がそのことを指摘すると、田所雄介は出席を承諾したのだった。

スポンサードリンク

■総理への警告

さて、総理は懇談会を開催して、地震についての意見を聞くが、地震に関する研究は進んでおらず、集まった学者の話は曖昧なものだった。

しかし、田所雄介だけは、総理に対して、「日本が壊滅する場合も想定しておいた方がよいかもしれません」と警告する。

すると、政界の黒幕と呼ばれる渡老人が田所雄介の研究に興味を持ったようで、田所雄介の研究をもとにした「D計画」が極秘裏に開始されるのだった。

日本沈没-原作の最終回と結末のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する