香西忠信(こうざいただのぶ)

香西忠信(こうざいただのぶ=32歳)は、郷田マモラの漫画「モリのアサガオ」に登場する確定死刑囚です。

香西忠信は16歳の時から不良グループのリーダーをしており、恐喝・窃盗・集団暴行を繰り返し、4年間で高校生1人と、グループを抜け出そうとしたグループのメンバー2人の計3人を殺害して山に埋めた凶悪犯である。

香西忠信は、20歳の時に殺害した3人目で犯行が発覚し、死刑判決が言い渡された。

入所直後は荒れたが、3年目からは落ち着いて毎日の様に被害者遺族へ謝罪の手紙を書き続ける。しかし、被害者からの返事は1通も来なかった。

ところが、ある日、香西忠信をもっとも恨んでいた被害者遺族・高橋泰子から返事が来た。その時、新人刑務官・及川直樹の1言に過剰に反応して、翌日、便せんを口の中に詰めて自殺を図る。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。