倉持多恵子(くらもちたえこ)

倉持多恵子(くらもちたえこ=27歳)は、漫画「モリのアサガオ」に登場する人物で、確定死刑囚・星山克博(ほしやまかつひろ)に家族を惨殺された被害者遺族です。

倉持多恵子の両親と祖母は、下町で3代続く大衆食堂「あさひ食堂」を営んでいた。倉持多恵子も高校卒業後、「あさひや食堂」を手伝っていた。

7年前のある日、星山克博が「あさひ食堂」へ客としてやってきた。タバコが切れた星山克博は倉持多恵子にタバコを買ってくるように頼む。そして、倉持多恵子がタバコを買って店に戻ると、両親と祖母の3人が殺害されていた。

事件後、倉持多恵子は周囲に支えられてなんとかあさひ食堂を続けていたが、スキル胃がんが見つかり、余命数ヶ月となる。波保阪総合病院に入院している倉持多恵子は、家族を殺した星山克博が悔い改めたのかを知りたがっている。

取材を通じて倉持多恵子と知り合った大阪毎毎新聞の記者・沢崎麻美(さわざきあさみ)は、交際相手の及川直樹(おいかわなおき)を倉持多恵子に合わせるのであった。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。