モリのアサガオのネタバレまとめ

ドラマや映画の原作とまる漫画「モリのアサガオ」のネタバレを一覧表にまとめました。ネタバレの1ページ目は「モリのアサガオのネタバレの一覧表1」です。ネタバレを知りたくない人は閲覧にご注意ください。

モリのアサガオのネタバレ一覧1
平成の敵討ち事件平成の敵討ち事件とは、渡瀬満が両親を殺害した田尻勝男を日本刀で斬り殺した復讐殺人事件です。その時、渡瀬満は田尻勝男の娘・前園有歌まで殺してしまう。
田尻勝男
(たじり・かつお)
渡瀬満の両親を殺害した犯人。懲役12年の実刑判決を受ける。出所後、渡瀬満に日本刀で斬り殺される。
田尻達男
(たじり・たつお)
田尻勝男の弟で、渡瀬満が田尻勝男を殺した仕返しとして吉岡小春を遅う。吉岡小春を助けに入った渡瀬満に対して「妹を助けたければ死刑になれ」と要求する。
前園有歌
(まえぞの・ゆうか)
前園有歌は田尻勝男の娘です。渡瀬満に斬り殺された。
村雨久朗
(むらさめ・ひさお)
村雨久朗は人権派の敏腕弁護士です。田尻勝男が渡瀬満の両親を殺害した事件で、田尻勝男の弁護を務め、無期懲役から懲役12年まで減刑した判決を勝ち取る。自分が田尻勝男の弁護をしなければ、平成の敵討ち殺人事件は起きなかったと後悔して、渡瀬満の弁護に全力を尽くす。
吉岡小春
(よしおか・こはる)
吉岡小春は渡瀬満の妹です。吉岡小春は、田尻勝男に両親を殺されたショックで喋れなくなる。親戚に預けられるが、親戚の手に負えなくなり、養護施設「竹の花園」で生活している。
なにわ谷事件山本憲人と深堀圭造の2人が、(有)ヤマネコ運送の事務所で、(有)ヤマネコ運送の社長と従業員2人を殺害した事件です。
山本貴子
(やまもと・たかこ)
山本貴子は藤間貴子が山本憲人と結婚していた時の名前です。山本憲人の妻で、刑務官・及川直樹の産みの母親です。山本憲人の死後、籍を抜き藤間貴子へ戻る。そして、喫茶店「きっさパパゲーナ」をオープンします。
舟木千里
(ふなき・ちさと)
舟木千里は聖シップトゥリー教会の司祭で、死刑囚・深堀圭造の元妻です。山本憲人とも知り合いで、なにわ谷事件を切っ掛けに死刑廃止運動を行い、渡瀬満の支援団体の会長を務めている。
(有)ヤマネコ運送(有)ヤマネコ運送は、大阪府大阪市花園区なにわ谷に本社を置く運送会社で、1982年2月7日に起きた「なにわ谷事件」の舞台となります。
大泉義経
(おおいずみ・よしつね)
有限会社ヤマネコ運送の社長です。道楽息子で、先代社長の急死により、(有)ヤマネコ運送の社長へ就任する。リストラで深堀圭造を解雇し、事務職員の藤間貴子へ結婚を迫ります。
池田利夫
(いけだとしお)
ヤマネコ運送の従業員で、大泉義経に協力しており、なにわ谷事件で殺害されます。
平松洋一
(ひらまつよういち)
ヤマネコ運送の従業員で、大泉義経に協力しており、なにわ谷事件で殺害されます。
その他「モリのアサガオ」に登場するその人物など
倉持多恵子
(くらもちたえこ=27歳)
倉持多恵子は、3代続いた大衆食堂「あさひや食堂」の娘で、星山克博に家族3人を殺害されました。倉持多恵子は、スキル胃がんで余命数ヶ月となり、星山克博が改心したのかを知りたがります。
下積長子
(しもずみながこ)
下積長子(本名は出雲くに子)は、島根県出身の声優・歌手で、41歳でヌードになる。子供向けアニメ番組「地獄戦士トンブウ」の主役トンブウの声を担当するほか、CDも3枚発売している。下積長子は、深堀圭造のお気に入りの芸能人です。
聖シップトゥリー教会聖シップトゥリー教会は、舟木千里の実家です。
喫茶店「きっさパパゲーナ」喫茶店「きっさパパゲーナ」は藤間貴子が経営している喫茶店です。及川直樹や沢崎麻美がよく利用している。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。