パーフェクトリポート第3話のあらすじとネタバレ

ドラマ「パーフェクトリポート」の第3話「訴えられた死人8年の時が動き出す」のあらすじとネタバレです。第2話のあらすじは「第2話のあらすじ」をご覧下さい。

8年前に、東都銀行の現金輸送車が4人組に襲撃されて2億円が奪われた現金輸送車強奪事件が起きた。犯人2人は車で逃走し、犯人2人はバイクで逃走した。

しかし、逃走中のバイクは脇道から飛び出してきた車とぶつかり、転倒した。バイクを運転していた松田浩二(岡田義徳)は死亡したが、バイクの後部座席に乗っていた犯人は松田浩二のウエストポーチを奪って逃走していた。

ある日、蒼山叶(松雪泰子)は、黒井彰(平山浩行)から、女優・藤光香奈子(渋谷亜希)とメジャーリーガー野島勝(窪寺昭)との取材を命じられた。2人は近々結婚するという結婚の噂が流れていたのだった。

蒼山叶は、スポーツ新聞に掲載されている藤光香奈子の記事ではなく、「死んだ犯人を訴える」という小さい記事が気になった。

記事は、8年前に起きた東都銀行の現金輸送車襲撃事件で足を撃たれた警備員が先日死亡し、警備員の息子・小林正行(屋根真樹)が、死んだ犯人・松田浩二(岡田義徳)を民事で訴えたという内容だった。

松田浩二は劇団員だった。蒼山叶は、主演を務める舞台の演初日に、松田浩二事件を起こしたことを疑問に思い、藤光香奈子の取材命令を無視して、松田浩二の取材を開始した。

小林正行から話を聞くと、提訴したものの、訴状は受理されなかった。車いす生活を送っていた父親の無念を世間に知らせるために、提訴していたのだった。

劇団関係者から話を聞くと、松田浩二は舞台の主役に抜擢されていたが、公演の初日に事件を起こして死んでしまった。松田浩二は協調性が無く、傲慢だったことが分った。関係者からの評判は悪かった。

事故現場付近の聞き込みから、バイクに乗っていた仲間1人がウエストポーチを持って逃げており、事件のあった日になると、死亡現場にテッシュにくるまれたコーヒー豆が置かれていることが分った。

藤光香奈子の取材を行う白石弘(小日向文世)は、紫村健(小柳友)を名乗って藤光香奈子に失礼な質問をしたため、CTN報道局の遊軍取材班は結婚記者会見へ出入り禁止になってしまった。

白石弘は、ティッシュに包まれたコーヒー豆がおひねりだと気付いた。おひねりなら、松田浩二を役者として支持していたこいとになる。

蒼山叶(松雪泰子)は、松田浩二が当時付き合っていた吉川理恵子(吉田羊)に会いに行った。しかし、「お話しすることは何もありません」と取材は断られてしまった。

吉川理恵子には小学1年生の子供・吉川まきがいた。逆算すれば吉川理恵子は事件当時に妊娠しており、吉川まきは松田浩二の子供の可能性があった。

劇団関係者への取材から、松田浩二(岡田義徳)は当時、有名な劇団演劇評論家に接触しようとしていたことが判明した。

蒼山叶(松雪泰子)は当時の恋人・吉川理恵子(吉田羊)と再び会った。劇団関係者の知らない松田浩二を探ろうとしていた。「パーフェクト・リポート第3話のネタバレ」へつづく。

コメントを投稿する