「ギルティ 悪魔と契約した女」第4話のあらすじ

ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第4話「私を罪に陥れた奴ら」のあらすじとネタバレです。第3話にあらすじは「ギルティ-第3話のあらすじ」をご覧下さい。

15年前、野上芽衣子(菅野美穂)は洋菓子店「パティースリー立花」でケーキを買ってきた。そのケーキを食べた野上芽衣子の姉の夫とその息子の2人が死んだ。野上芽衣子は無罪を主張したが、証拠も証人も揃っていた。

北区毒入りチョコレートケーキ事件の裁判で、桜葉館学園高校の北村良和(浜田晃)は、「学校から青酸カリを盗んだのは野上芽衣子だ。深夜の学校に忍び込んだ様子を警備員が目撃している。素行も悪く、要注意人物だった」と証言した。

桜葉館学園高校3年生の菅沼俊也(波岡一喜)は「公園で野上芽衣子が与えた餌を食べた犬が死んでしまった。いつも『お姉ちゃんなんて大嫌い』と言いながら犬をイジメていた」と証言した。

桜葉館学園高校3年生の金谷文則(山崎裕太)は「お姉さんを襲ってくれと誘われた。親が離婚して父親が出ていき荒れているから、ナンパが成功しやすいと言っていた」と証言した。

野上芽衣子の弁護を務めた弁護士・松永征一(石丸謙二郎)は反対尋問を行わなかった。

ある日、IT関連会社「CYBER ROAD」の社長・金谷文則(山崎裕太)が親しく交際しているタレント野村匡が覚醒剤で逮捕された。秘書が心配するが、金谷文則は「俺は捕まらない。金がある奴は法律でも曲げられる」と一蹴した。

榎本万里(吉瀬美智子)は三輪周平(モロ師岡)が帽子を忘れていった女子刑務所(栃木北刑務所)を訪れた。刑務官に三輪周平の様子を尋ね、三輪周平が受刑者・野上芽衣子(菅野美穂)のことを調べていたことと「わかいそうなことをした」と言っていたこととを知る。

野上芽衣子は、金谷文則の交際相手でタレントの高橋遥(岩佐真悠子)の自宅を訪れ、愛犬シルクのトリミングを行った。その時、野上芽衣子は隙を見て、椅子にかけられていた上着のポケットに犬の餌と覚醒剤とを忍び込ませた。

高橋遥が電話に出ている間に犬が上着のポケットの中の餌を食べようとした。高橋遥が上着のポケットを探ると、覚醒剤が出て来た。高橋遥は「私は覚醒剤なんてやってない。これは金谷文則のジャケットよ。お願い信じて」と野上芽衣子に訴えた。

野上芽衣子は取材に着た記者から金谷文則が覚醒剤を使用しているという噂を聞いたと教え、仕事を続けたければ金谷文則から離れた方が良いとアドバイスした。そして、私の言う通りにしてくださいと言い、覚醒剤の処分を引き受けた。

真島拓朗(玉木宏)は検察庁を訪れて、15年前の公判記録の開示を求めた。捜査に関連しているため、開示は認められる見通しだったが、資料は開示されなかった。真島拓朗が担当者に詰め寄ると、上の指示で開示できないという答えが返ってきた。

真島拓朗は落ちぶれたルポライター堂島基一(唐沢寿明)に連絡して公判記録の入手を頼んだ。その時、堂島基一はパソコンで「悪魔と契約した女」を執筆中だった。

野上芽衣子は金谷文則の祖母にも取り入っていた。

金谷文則(山崎裕太)は恋人・高橋遥(岩佐真悠子)の携帯電話に電話するが、一向にでなかった。そこへ、公衆電話からの着信があった。野上芽衣子からの電話だった。

野上芽衣子が「忘れたのかな私の声。14年ぶりだもんね」と言うと、金谷文則は野上芽衣子のことを思い出した。「ギルティ-第4話のネタバレ」へつづく。

コメントを投稿する