「ギルティ 悪魔と契約した女」第4話の感想と新犯人

菅野美穂が主演するドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第4話「私を罪に陥れた奴ら」の感想と新犯人(黒幕)の予想です。第4話のあらすじは「ギルティ-第4話のあらすじ」をご覧下さい。

第4話も面白かった。これまでは野上芽衣子(菅野美穂)に殺された人物から北区毒入りチョコレートケーキ事件へ繋がっていたが、第4話は北区毒入りチョコレートケーキ事件の裁判記録から金谷文則(山崎裕太)につながるという展開だった。

第4話で野上芽衣子に狙われたIT会社「CYBER ROAD」社長の金谷文則は裁判当時、桜葉館学園高校の3年生で、北区毒入りチョコレートケーキ事件の裁判で証言している。

裁判の証言台に立った北村良和(浜田晃)・菅沼俊也(波岡一喜)・金谷文則の3人が桜葉館学園高校に関連している。悪徳弁護士の松永征一(石丸謙二郎)と桜葉館学園高校との関係は分らない。

北区毒入りチョコレートケーキ事件の新犯人(黒幕)は宇喜田元で予想したとおり、真犯人の予想は宇喜田元(吉田鋼太郎)のままである。ただ、事件に鑑識責任者として関わっていた三輪周平(モロ師岡)も依然として怪しい。

2人のうちとちらが新真犯人だとしても、権力を持った黒幕はが存在すると思う。事件当時の2人に桜葉館学園高校の関係者や弁護士に圧力を掛けるほどの力があるとは思えない。

ペットサロン「モンアンジュ」のオーナー小山内琴美(横山めぐみ)は、保護観察中の人を受け入れており、野上芽衣子の過去を知りながら雇ったていたので、新犯人の予想から外しても良いだろう。

疑問なのは、なぜ野上芽衣子(菅野美穂)が北区毒入りチョコレートケーキ事件の犯人に仕立て上げられたのかだ。そもそも、野上家の誰を狙って毒入りチョコレートを用意したのかも疑問だ。野上家に殺される理由がある人物がいたのだろうか。

野上芽衣子の父親が怪しいと思っていたが、事件当時は離婚して家を出ているので、新犯人が父親を狙ったということはあり得ない。ただ、父親への警告なら考えられる。父親は怪しいが、ドラマに登場していないので何とも言えない。

毒入りケーキを食べて死んだ義兄・川崎順の職業も不明なので、現時点では何とも言えない。姉のサヨコ(紺野まひる)は北区毒入りチョコレートケーキ事件後に自殺しているので、真犯人ではない。

さて、第4話で、榎本万里(吉瀬美智子)が真島拓朗(玉木宏)の彼女と名乗りペットサロン「モンアンジュ」に乗り込み、野上芽衣子(菅野美穂)に敵対心をむき出しにしたのは、野上芽衣子を挑発するための演技だった。

その後、榎本万里は野上芽衣子を「どれだけ怒らせようとしてものってこなかった。知能犯に多いタイプ」だと評価している。榎本万里は真島拓朗に未練を抱いているだろうが、それを安易に感情をむき出しにするキャラクターで良かった。第5話も楽しみだ。

コメントを投稿する