流れ星-第4話のネタバレ

北乃きいが出演するドラマ「流れ星」の第4話「衝撃の告白」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページ「流れ星-第4話のあらすじ」からの続きです。

槇原梨沙(上戸彩)は「こんなことでもなければやり直せなかった」と岡田健吾にお礼を言った。職場に槇原修一(稲垣吾郎)が来たことが気になっていた岡田健吾(竹野内豊)は「お兄さんは何があったの?」と聞くと、槇原梨沙は「うちはさ。あんた達とは真逆の兄弟なんだよ。借金を作るわ、嘘付くわでどうしようもない兄貴なんだ。もう会うこともないだろうけど」と答えた。

神谷医師(松田翔太)は、マニキュアをしていると健康チェックできないと言い、岡田マリア(北乃きい)にマニキュアを落とすように指示した。

岡田健吾(竹野内豊)は岡田マリアの退院の許可を神谷医師に求めた。神谷医師は「移植するために結婚したのではないですよね?」と質問すると、岡田健吾は「はい」と答えた。その夜、神谷医師から1日だけ外泊の許可が出た。

岡田健吾は「ごめん。まずは3人で話し合いたい」と言うと、岡田マリアは「家族団らんの邪魔はしない。どこか泊まるし」と答え、外泊することになった。

外泊の日、岡田マリアは神谷医師に車で自宅まで送ってもらう。途中で学校へより、美術コンクールに出す作品を仕上げる。

岡田マリアが帰宅するため槇原梨沙が自宅を出ると、槇原修一(稲垣吾郎)が、入れ違いに自宅を訪れて呼び鈴を鳴らした。兄を見かけた槇原梨沙は玄関先から槇原修一を連れて出し、2人は車で海へ向かった。岡田健吾は、車に乗った槇原梨沙を見かけて、自転車で2人を追いかける。

槇原梨沙が「今度はいくらだよ」と聞くと、槇原修一は「50万でいいんだよね」と答えた。槇原梨沙は「私が働けばいいんだろ。その代わり、あの家族には近づくな」と言い車を出た。そこへ、追いかけてきた岡田健吾がやってきた。

岡田健吾が槇原梨沙の手をつかんだ。槇原梨沙は「あんたには関係無いだろ。約束はちゃんと守るから」と言い残して去ろうとする。岡田健吾は槇原修一に「これ以上、付きまとわないでください。梨沙は僕の妻です」と言い、槇原梨沙を連れ出した。

槇原梨沙は「芝居が上手くなったな」と岡田健吾を褒めた。2人は途中で別れようとしたが、岡田健吾は「帰ろう。一緒に」と言い、槇原梨沙を岡田マリアが待つ自宅へ連れ帰った。

帰宅した岡田健吾は岡田マリア(北乃きい)に槇原梨沙との結婚を報告すると、理解できない岡田マリアは元婚約者・相澤美奈子(板谷由夏)のことを尋ねた。

岡田健吾は相澤美奈子について答えなかった。そして、岡田マリアに肝臓移植が必要なことを告知し、槇原梨沙がドナーになることを教えた。混乱した岡田マリア「時間を頂戴」と言い残して自室へ駆け上がった

外泊期間が終わった。岡田健吾が岡田マリアを病院へ送る。別れ際に、岡田マリアは「私、手術する」と岡田健吾に告げた。「流れ星-第4話の視聴率と感想」へつづく。

コメントを投稿する