フリーター、家を買う。第5話のあらすじ

ドラマ「フリーター、家を買う」の第5話「生きてる世界が違うって何だよ…」のあらすじとネタバレです。第4話のあらすじは「フリーター、家を買う第4話のあらすじ」をご覧下さい。

大悦土木が作った道路が地図に載った。千葉真奈美(香里奈)たちは歓喜した。星野あかり(岡本玲)は、いつもよりも念入りにお洒落をしていた。仕事が終わると弁護士とのデートに出かけた。

帰宅した武誠治(二宮和也)は、帰りが遅くなる日や面接の日は母親・武寿美子(浅野温子)の薬をチェックして欲しいと武誠一(竹中直人)に頼んだ。

翌朝、出勤した星野あかり(岡本玲)は、「コンパで知り合った弁護士とさっきまで一緒だった。私、お母さんに似てるんだって」とみんなに弁護士と交際していることを報告した。それでも豊川哲平(丸山隆平)は星野あかりのことを諦めなかった。

仕事が終わると、山賀亮介(眞島秀和)は千葉真奈美(香里奈)を呼び出し、設計部門に来ないかと誘った。山賀亮介は、事故を乗り越えるために大悦土木の現場監督を任せていたが、逆に事故のことにこだわる千葉真奈美をみて呼び戻そうとしていた。

武誠治(二宮和也)は永田亜矢子(井川遥)に結婚した理由を聞いた。永田亜矢子は「子供が出来たから」と答えた。武誠治は母親がなぜ父親と結婚したのかを考えていた。

武誠治が帰宅すると、家に出前のラーメン10杯が届いていた。母親は注文していなかったが、ラーメン代金を払っていた。犯人は隣に住む西本幸子(坂口良子)に違いなかったが、証拠は無かった。

永田亜矢子(井川遥)は家を出て帰ろうとすると、玄関先で隣に住む西本幸子と会った。永田亜矢子は、「注文していないのにラーメンの出前が届き、どうしようもないのでどうぞ食べてくださいと言われた。タダでラーメンを食べた。美味しかった」と説明して、自動車に乗り込んだ。西本幸子はホゾを噛む思いで、永田亜矢子の自動車を見送った。

武誠治が面接帰りに大悦土木の事務所に寄ると、星野あかり(岡本玲)から頼まれ、合コンをしたクラブへ連れて行かれた。武誠治に頼んだのはスーツを着ているという理由だけだった。そこで、星野あかりは武誠治に合コンした弁護士から連絡が来ないことを明かした。

そこへ、弁護士の西本和彦(横尾渉)が現れた。西本和彦は別の合コンに参加していた。武誠治が星野あかりの合コン相手だったことを西本和彦だと知る。

武誠治らが帰ろうとすると、2人に気付いた西本和彦が声をかけた。星野あかりが先に帰ると、西本和彦は武誠治に「あの子は軽蔑する母親に似ている。自分に何も無いから価値のある夫を持つことで自分を上げようとしてるところが」と言い捨てた。

翌日、星野あかりは武誠治に弁護士・西本和彦との出来事を内緒にするよう頼んだ。

武誠治(二宮和也)は、千葉真奈美(香里奈)に両親との仲を聞いた。千葉真奈美は、父親は死に、母親は再婚したので両親とは会っていないことを明かした。武誠治はファザコンと言ってことを謝ると、千葉真奈美は「誠二の家が羨ましい」と言った。「フリーター家を買う-第5話のネタバレ」」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する