モリのアサガオ-第6話のネタバレ-赤石英一郎は冤罪

ARATAが出演するドラマ「モリのアサガオ」第6話「冤罪33年の白髪男」のあらすじとネタバレです。このページは「モリのアサガオ第6話のあらすじ」からの続きです。

ある時、赤石英一郎(石橋凌)は廊下ですれ違った渡瀬満(ARATA)に「アンタ、何か隠してるだろう。真実を曲げることは誰にもできない」と言った。渡瀬満は何も答えなかった。

翌日、赤石英一郎に無罪判決が下った。裁判官は「30年の長きにわたり自由を奪うことになりました。まことに申し訳なく思います」と頭を下げた。

及川直樹は「死刑因になってよかった」という落書きが気になって、赤石英一郎のことを調べていた。そして、裁判所から戻ってきた赤石英一郎から話を聞いた。

手紙の差出人・東條松之助は、赤石英一郎を引き取った小学校6年生の時の恩師だった。赤石英一郎は東條松之助に励まされ、冤罪を証明するために戦っていた。

しかし、4回目の再審請求の後、東條松之助が死んだ。心の支えを失った赤石英一郎は生きる希望をなくして自殺未遂を起こした。

そのようななか、絶望する赤石英一郎を救ったのが、東條松之助の息子で教師の東條隆だった。東條隆は父親の後を継ぎ、赤石英一郎を励まし続けた。

東條隆は目撃者を必至に捜し続け、ついに目撃者を捜し当てた。そして、目撃者に何度も頭を下げて証言を頼み、再審請求へとこぎ着けたのだった。

赤石英一郎が東京拘置所を出ると、東條隆が待っていた。2人は初対面だった。赤石英一郎は若林勇三(塩見三省)に礼を述べた後、及川直樹に「渡瀬満は真実を隠している」と言い残して、東京拘置所を後にした。

翌日、及川直樹(伊藤淳史)は「竹の花園」を訪れて、吉岡小春(谷村美月)に渡瀬満から預かった壊れた腕時計を渡した。時計を手にした吉岡小春は泣き始めた。時計は母親の形見だった。

及川直樹は渡瀬満(ARATA)は、母親の形見を妹に渡した理由を聞いた。渡瀬満は「お前に何が分るんだ」と突き飛ばす。及川直樹は「力になりたい。僕は少年時代に貴方に救われた。だから、今度は貴方の力になりたい」と励ました。

深堀圭造(柄本明)が渡瀬満の房を出た及川直樹を呼び止めた。渡瀬満は、ひねくれた考え方をする深堀圭造に「赤石さんも言っていた。今、目の前に居る人を信じろ」と言った。

驚いた深堀圭造は「もう1度言ってみな」と聞き返す。及川直樹は「今、目の前に居る人を信じろ。山本さんに教えて貰ったそうです」と言った。

深堀圭造は「山本」という言葉に驚いて飛び起きた。そして、深堀圭造は及川直樹に「お前よく見ると、山本にそっくりだな」と言った。「モリのアサガオ第6話の感想」へ続く。

コメントを投稿する