秘密-第7話のネタバレ-山下公園

林丹丹が出演するドラマ「秘密」の第7話「妻の恋人」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。このページは「秘密-第7話のあらすじ」からの続きです。

幸い、杉田藻奈美(志田未来)の電話相手の大半はクラスメイトの川辺由梨絵(林丹丹)だった。まるで直子が話しているようだった。やがて、杉田平介は盗聴を楽しむようになっていた。

ところが、ある日、相馬春樹(竜星涼)から電話がかかってきた。アメリカ留学に旅立つ相馬春樹は、次の日曜日に1日中デートしようと申し込んだ。杉田藻奈美(志田未来)は考えさせてと答えた。

翌朝、杉田藻奈美(志田未来)は杉田平介(佐々木蔵之介)に、次の日曜日にクラスメイトの川辺由梨絵(林丹丹)と買い物に行く約束をしたと告げた。

盗聴して真相をしっていた杉田平介は、杉田直子(石田ひかり)の誕生日が近いから思い出の横浜公園へ行こうと誘い、買い物は断るように言った。

杉田藻奈美は杉田平介の誘いを断るが、その後、杉田平介が会社の部署を移動になったことを黙っていたことを知り、杉田平介の誘いを受け、相馬春樹(竜星涼)の誘いを断ることにした。

山下公園へ行く当日、悩んでいた杉田藻奈美は相馬春樹に電話して、公園で会う約束をした。2人が公園で会ってると、盗聴していた杉田平介が現れ、2人を引き離した。

帰宅した杉田藻奈美は杉田平介の部屋で盗聴器を発見し、自室で発信器を見つけた。杉田藻奈美は盗聴機のことを責めるが、杉田平介は「男と会うのは卑劣じゃないのか」と責め返した。

杉田藻奈美は、相馬春樹が留学するから別れを言うために会いに行っただけだと釈明した。杉田平介は「本当にそれだけなのか」と言い、杉田藻奈美が相馬春樹に渡そうしていたプレゼントを取り出して開封した。

杉田藻奈美は「それ以外に何かあるとしても、一線を越えるようなことはしない」と釈明するが、杉田平介は「当たり前だ。お前は俺の妻なんだ」と怒鳴った。

杉田平介が「横浜公園へ行こう。付き合い始めたころのことを思いだそう。もうすぐ直子の誕生日じゃないか」と誘うが、杉田藻奈美は「もう私は年を取ることができないの。私の体はもう無い。私は藻奈美としてしか年を取ることができないのよ。これ以上私を苦しめないで」と言い泣いた。「秘密-第7話の感想」へ続く。

コメントを投稿する