ダメな私に恋してください-第3話のあらすじとネタバレ

三浦翔平が出演するTBSのドラマ「ダメな私に恋してください」の第3話「デキる女誕生!?後輩指導に社内恋愛」のあらすじとネタバレです。

ダメな私に恋してください-第2話のあらすじとネタバレは「ダメな私に恋してください-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ダメな私に恋してください-第3話のあらすじとネタバレ
最上大地(三浦翔平)からのデートの申し込みを承諾した柴田ミチコ(深田恭子)は、ルンルン気分で翌朝を迎えた。

しかし、黒沢歩(ディーン・フジオカ)から「あんなデカパンツで行くのか?」と呆れられてしまう。

柴田ミチコ(深田恭子)は母親から、お腹を冷やさないようにデカパンを履くように教えられて育っていたのだ。

その日、仕事を終えた柴田ミチコ(深田恭子)は、思い切って高級下着店に小さいパンティーを購入しに行き、値段を見て「牛丼10杯は食べられる」と驚いていると、生嶋晶(野波麻帆)と出会う。なんと、生嶋晶(野波麻帆)はこの店の店長だったのだ。

柴田ミチコ(深田恭子)は生嶋晶(野波麻帆)のお薦めにより、レースの付いた白い紐パンを購入し、生嶋晶(野波麻帆)から「試合、頑張って」と励まされる。

約束の金曜日、白い紐パンを装着した柴田ミチコ(深田恭子)は、最上大地(三浦翔平)と食事をする。

最上大地(三浦翔平)が食事をおごってくれたうえ、「好きなニオイなんだ」と言い、ハンドクリームまでプレゼントまでくれた。

そのうえ、最上大地(三浦翔平)は、柴田ミチコ(深田恭子)の貢ぎ体質を「尽くすタイプ」だと言い、「良いお嫁さんになる」と言ってくれたので、柴田ミチコ(深田恭子)は有頂天になる。

しかし、食後、最上大地(三浦翔平)からバーに誘われると、柴田ミチコ(深田恭子)は「酔っ払って試合に突入?酔っていいの?正解が分からない」と混乱してしまい、「猫の餌を買い忘れたので、今日は帰ります」と言いだした。

すると、最上大地(三浦翔平)は怒ることなく、柴田ミチコ(深田恭子)を自宅まで送る。

喫茶店「ひまわり」に居候している柴田ミチコ(深田恭子)は、喫茶店「ひまわり」の前で、「ここでいいです」と言って断るが、最上大地(三浦翔平)は「自宅まで送るよ」と言う。

柴田ミチコ(深田恭子)が「いいです。いいです」と断っていると、タイミングが悪い事に、黒沢歩(ディーン・フジオカ)が戻ってきた。

柴田ミチコ(深田恭子)は最上大地(三浦翔平)に「知らない人です」と釈明したが、黒沢歩(ディーン・フジオカ)から「肉を食わせないぞ」と脅されたので、最上大地(三浦翔平)に黒沢歩(ディーン・フジオカ)の事を「元上司で現店長です」と紹介した。

最上大地(三浦翔平)が、そこで別れて帰ると、黒沢歩(ディーン・フジオカ)は「でも、なんで30の独身女に飯をおごるんだ」と不思議がりながら、柴田ミチコ(深田恭子)と一緒に喫茶店「ひまわり」へと入っていった。

そのとき、帰ったはずの最上大地(三浦翔平)は、物陰から、2人が一緒に喫茶店「ひまわり」へ入っていく様子を見ていた。

さて、職場では、仕事は適当で謝り上手な中島美咲(内藤理沙)がミスを仕事上の連発していた。

真面目で正義感の強い門真由希(佐野ひなこ)が中島美咲(内藤理沙)を注意するというが、柴田ミチコ(深田恭子)が「私がやった方が早い」と言い、波風が立たないように1人で残業を背負い込んでいた。

ある日、柴田ミチコ(深田恭子)が愚痴をこぼすと、黒沢歩(ディーン・フジオカ)から「サボってるんじゃねーよ」と言われてしまう。

柴田ミチコ(深田恭子)が「私は誰よりも残業をしてます」と反論すると、黒沢歩(ディーン・フジオカ)は「お前は注意するより、残業する方が楽なだけだろ。自分で働くより、人を働かせる方が大変なんだ」と叱った。

ある日、中島美咲(内藤理沙)が再びミスをした。

柴田ミチコ(深田恭子)は黒沢歩(ディーン・フジオカ)の言葉を思い出し、「本気でグラフを作って、本気で計算して、ミスしたのなら、私だって本気で助けたいと思うよ。ミスもいけないけど、それよりもいけないのは、『ミスしても仕方ない』って気持ちなの」と中島美咲(内藤理沙)を注意した。

中島美咲(内藤理沙)は泣きながら立ち去ると、それを見ていた中島美咲(内藤理沙)が柴田ミチコ(深田恭子)に「注意が下手」と注意し、柴田ミチコ(深田恭子)を食事に誘った。

中島美咲(内藤理沙)は食事をしながら、「最上さん(三浦翔平)と何かあるんですか?女の勘です」と尋ねると、柴田ミチコ(深田恭子)は慌てて否定した。

柴田ミチコ(深田恭子)が恐る恐る「女の勘って誰にでも標準装備されてるの?」と尋ねると、中島美咲(内藤理沙)は「女性には、みんな、多少はあるんじゃないでしょうか」「女性には好きな男に人にだけ働く、特別な感情があって、それを女の勘とよぶんではないでしょうか」と答えた。

柴田ミチコ(深田恭子)が「私は女じゃないのかな」と困惑するが、柴田ミチコ(深田恭子)の興味は直ぐに目の前に並ぶ肉へと移った。

すると、中島美咲(内藤理沙)は「今後は、彼女たちの注意は私がしますので、柴田さん(深田恭子)はフォローをお願いします」と頼んだ。

その後、柴田ミチコ(深田恭子)が職場に戻ると、中島美咲(内藤理沙)がパソコンを叩いていたので、「大丈夫?手伝おうか?」と尋ねると、中島美咲(内藤理沙)は「本気でデータ入力してるので邪魔しないでください」と答えた。

柴田ミチコ(深田恭子)は嬉しくなり、「何か手伝うことがあったら言ってね」と声を掛けると、中島美咲(内藤理沙)は恥ずしそうに「ありがとう・・・ございます」と答えた。

ところで、社内では、最上大地(三浦翔平)が手当たり次第、女性社員に声を掛けまくっているという噂があった。

柴田ミチコ(深田恭子)はそんな噂を知らずに、最上大地(三浦翔平)からもらったハンドクリームを嬉しそうに使っていたのだが、なぜか、門真由希(佐野ひなこ)も同じハンドクリームを使っていた。

その日、柴田ミチコ(深田恭子)が帰ると、喫茶店「ひまわり」の店内が観葉植物であふれかえっていた。

柴田ミチコ(深田恭子)が「お店のコンセプトを変えたんですか」と驚くと、黒沢歩(ディーン・フジオカ)は黒沢春子(ミムラ)から頼まれた事を明かした。

黒沢春子(ミムラ)は納品をドタキャンされてしまい、置く場所が無いのだという。

黒沢歩(ディーン・フジオカ)は「いくら余ったからって、置き場所に困るよな」と困りながらも、観葉植物を手にして微笑んでいた。

その様子を見た柴田ミチコ(深田恭子)は、黒沢歩(ディーン・フジオカ)から何かを感じ取り、「あっ、女の勘、私にも装備されてる。主任、本当に春子さん(ミムラ)が好きなんだ」と驚いた。

黒沢歩(ディーン・フジオカ)は観葉植物に水をやりながら、観葉植物を世話しながら笑っている兄と黒沢春子(ミムラ)を思い出していた。

土曜日、柴田ミチコ(深田恭子)は最上大地(三浦翔平)とデートする。

柴田ミチコ(深田恭子)は、ついつい貢ぎ癖を出したが、最上大地(三浦翔平)は「やっぱり、尽くすタイプだ」と言い、フォローしてくれ、楽しい一時を過ごした。

柴田ミチコ(深田恭子)は、黒沢歩(ディーン・フジオカ)から「お前は一生はたらくことになる」「お前はアホに貢ぐアホだ」と言われていたが、最上大地(三浦翔平)とのデートで幸せな気分になり、「ミチコは幸せになります」と心で誓った。

映画を観た後、レストランで話をしていると、最上大地(三浦翔平)は「これは運命なんだって。どんどん気になって。デートしたら、大好きになっちゃいました。だから、結婚を前提に、僕とお付き合いをしてください」と求婚する。

驚いた柴田ミチコ(深田恭子)は、頭の中で何度も「結婚」という言葉がリフレインして、思考が停止してしまった。

ダメな私に恋してください-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

コメントを投稿する