美丘のあらすじ

吉高由里子の主演ドラマ「美丘(みおか)-君がいた日々-」の原作となる石田衣良の小説「美丘」あらすじとネタバレについて。

このページは美丘のあらすじやネタバレを含んでいるので、美丘のあらすじを知りたくない人は見ないでください。

美丘は、明知大学2年生で、読書好きの橋本太一と型破りな性格の峰岸美丘(みねぎし・みおか)とのラブストーリです。

橋本太一が明知大学の屋上で仲間とたむろしていると、フェンスを乗り越えようとする女性を見つける。橋本太一は女性に駆け寄って、自殺を止めようとするが、女性は自殺する気はなかった。これが、橋本太一と峰岸美丘との出会いである。

橋本太一は、明知大学の学生4人(北村洋次・笠木邦彦・五島麻理・佐々木直美)と仲良くしており、グループのリーダー的存在だった。橋本太一と知り合った峰岸美丘は、やがて橋本太一のグループのメンバーになる。

橋本太一はグループの五島麻理と交際を始める。五島麻理は表情を顔に出さないため「氷の王女」と呼ばれていたが、学年でも有数の美人で、しかも、実家はお金持ちだった。

しかし、橋本太一は峰岸美丘に心を引かれていった。橋本太一は五島麻理とキスをしたことで、峰岸美丘のことが好きなのだと気付き、2人は交際を始めた。

峰岸美丘は橋本太一と五島麻理の2人が交際していることを知っているが、五島麻理は2人が付き合っていることを知らない、3角関係が始まった。

やがて、橋本太一はケジメを付けるために五島麻理に別れを告げて、3角関係に終止符をうった。

ある日、峰岸美丘と橋本太一の2人はラブホテルでセックスをした。2人にとって初めてのセックスだった。峰岸美丘はセックスの後で、重大な事実を打ち明けた。「美丘のネタバレ」につづく。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。