教え子とセックスした淫行教師・柏木修二の淫行が発覚

ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第4話「暴露」の視聴率と感想です。第4話の視聴率は11.0%でした。


ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第4話のあらすじは、「大切なことはすべて君が教えてくれた第4話あらすじ」をご覧ください。
ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第4話も面白かった。ネタバレをしつつも、謎を残している。この先の展開が楽しみだ。
第4話で、佐伯ひかり(武井咲)と水谷亜弥(内田有紀)との背後関係が明らかとなってきた。
看護婦の水谷亜弥(内田有紀)は、佐伯ひかり(武井咲)の姉・佐伯ゆかりが死亡した4年前の事故の被害者だった。水谷亜弥は看護婦なのに、佐伯ゆかりを助けられなかったことで悔やんでいる。
4年間の事故の詳細は明かされていないが、おそらく、バス事故である。同じバスに、水谷亜弥と佐伯姉妹が乗り合わせており、姉の佐伯ゆかりだけが死んだ。
水谷亜弥(内田有紀)の意味深長な演技から推測すると、水谷亜弥は両親を知らないか、子供の顔を知らない可能性がある。これを考慮すると、水谷亜弥は4年前の事故で流産してしまった可能性が高い。
一方、柏木修二(三浦春馬)と上村夏実(戸田恵梨香)との背後関係も明かになってきた。
柏木修二と上村夏実の2人はクラスメイトで、上司で教頭の鶴岡悟司(風間杜夫)は上村夏実の恩師である。
鶴岡悟司は上村夏実に「昔の私なら気付いてあげられたかな。すまなかった」と意味深長なことを言っていることから、上村夏実(戸田恵梨香)は高校時代、鶴岡悟司(風間杜夫)と肉体関係を持っていたことも考えられる。
他方、柏木修二(三浦春馬)に粘着しているクレーマー看護婦の水谷亜弥(内田有紀)は、教師に恨みを抱いているのだろうか。
佐伯ゆかりを死なせてしまった責任を感じている水谷亜弥(内田有紀)は、自分が許せないから淫行教師の柏木修二(三浦春馬)を許せないというよりも、教師に恨みがあり、柏木修二に粘着しているような気がする。
水谷亜弥(内田有紀)は学生時代、中西佳史(西村雅彦)にイタズラされていたという設定を期待したい。中西佳史は変態教師なので、学生時代の水谷亜弥(内田有紀)にイタズラしている可能性が十分にあり得る。
中西佳史(西村雅彦)は園田望未(剛力彩芽)の母親を狙っているが、母親から嫌がられて、家庭訪問を拒否されている。
だから、中西佳史は、イケメン教師の柏木修二(三浦春馬)が一緒なら部屋に上げてくれるだろうと企み、柏木修二と一緒に園田望未の自宅を家庭訪問しようとした変態教師である。
さて、柏木修二(三浦春馬)の兄・柏木孝一(新井浩文)の怪しさが増してきた。柏木孝一が「あの日」に関係あるのだろうか。
兄弟間に軋轢はあるものの、兄の柏木孝一(新井浩文)は事件に深く関与しておらず、「あの日」の柏木修二(三浦春馬)のアリバイを上村夏実(戸田恵梨香)に証言しただけのような気がする。
「あの日」といえば、第4話で、佐伯ひかり(武井咲)は、柏木修二(三浦春馬)とセックスしていない疑惑も出てきた。
佐伯ひかり(武井咲)が携帯電話から保存していた写メから、教え子とセックスしたことがバレてしまった柏木修二(三浦春馬)は、職員室で教員に謝罪をする。
廊下から、その様子を見た佐伯ひかり(武井咲)が、「違う」とつぶやいた。
佐伯ひかり(武井咲)は、看護婦の水谷亜弥(内田有紀)に「寝た」「血が出た」と言っているので、私は当然、教師の柏木修二(三浦春馬)とセックスをしたという前提で、ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」を観ている。
しかし、ここへきて、佐伯ひかり(武井咲)が「違う」と言い出した。いったい何が違うのか。良い感じに謎が深まってきた。
最後に上村夏実(戸田恵梨香)が腹痛を起こした。ドラマ「SPEC(スペック)」で餃子を食い過ぎたのではないかと思った人は、私だけではないはずだ。
柏木修二(三浦春馬)の淫行が学校に発覚する一方で、上村夏実(戸田恵梨香)の妊娠が判明し、面白い展開になってきた。第5話が楽しみである。
ちなみに、第4話では、佐伯ひかり(武井咲)の病気や病名に関する新しい情報はなかった。佐伯ひかりの病気については「佐伯ひかりの病気と病名」をご覧ください。
原作と主題歌については、「大切なことはすべて君が教えてくれ-原作と主題歌」をご覧ください。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。