グッドライフ(カシコギ)のネタバレ

反町隆史が主演するドラマ「グッドライフ」の原作となる趙昌仁(チョ・チャンイン)の小説「グッドライフ(原題はカシコギ)」のあらすじとネタバレを含んだ感想の後編です。


このページは「グッドライフ(カシコギ)のあらすじ」からの続きです。
このページには、原作小説「グッドライフ(カシコギ)」のあらすじとネタバレを含んでいるので、ドラマや原作小説の結末を知りたくない人は閲覧にご注意ください。
前回から続き・・・ときおり、病人に「交われるものなら、変わってやりたい」と言う人が居るが、それは病気になったことが無いから言えるのだと思う。
病気は辛い。死んだ方が楽だと思うこともある。重い病を患ったことがある者は、「あの苦しみを2度と経験したくない」と思う。その辛さは、親であっても理解はできない。
それほど辛い闘病生活を小学3年生のチョン・ダウムは送っている。死ぬよりも辛い治療を続けなければならないのか。治療を止めて残りの時間を自由に過ごした方が良いのではないか。
医療が発展したことにより、人間は大きな恩恵を受けているが、疑問点も多い。人はただ生きていれば良いのか。ベッドの上で動けなくなっても、管を付けて、ただ心臓だけが動いていれば良いのか。
父親チョン・ホヨンは選択を迫られる。完治する見込みのない、辛い治療を息子チョン・ダウムに課すのか否か。非常に難しい選択であるが、父親チョン・ホヨンが選んだ退院という選択は正しいと思う。
しかし、息子チョン・ダウムの白血病が再発した後、日本の骨髄バンクで完全適合者が見つかり、完治への道が開けた。適合検査には6つの項目があり、日本人女性ミドリの骨髄が全て適合したのである。
その一方で、父親チョン・ホヨンは高額な治療費を工面しなければならない。骨髄移植を受けさせるためには、あと3000万ウォンが必要となる。100ウォンが約7円なので、3000万ウォンは約210万円である。
これまでの治療費で財産は使い果たした父親チョン・ホヨンは、臓器売買に手を染めるが、その検査で肝臓に癌が見つかる。癌の影響で弱った腎臓は売れなくなるが、癌の影響のない角膜を売り、治療費を工面した。
骨髄を提供した日本人女性ミドリは、一切の見返りを求めない無償提供であるのに対して、治療費のために角膜を売り払った父親チョン・ホヨンが非常に印象的であった。
父親チョン・ホヨンは何故、裕福な元妻ハ・エリからお金を借りなかったのだろうか。私には、父親チョン・ホヨンのプライドが理解できなかった。
臓器売買は犯罪かもしれないが、被害者が居るわけではない。お金に綺麗も汚いも無い。角膜を売って得たお金も、元妻ハ・エリから受け取ったお金も、お金はお金である。
さて、小説「グッドライフ(原題はカシコギ)」の中で、父親チョン・ホヨンは息子チョン・ダウムのために、2つの決断をした。
1つ目は、骨髄適合者が見つからず、息子チョン・ダウムの退院させたことである。2つ目は、自分の余命が短いことを知り、息子チョン・ダウムを元妻ハ・エリに託したことである。
1つ目の決断は息子チョン・ダウムも望んだ結果であるが、2つ目の決断は息子チョン・ダウムが望まない結果だった。父親チョン・ホヨンは何故、嫌がる息子チョン・ダウムを元妻ハ・エリに託したのだろうか。
父親チョン・ホヨンがサラク谷の山でノロ鹿の骨を見つけたさい、ピ老人が、老衰した象は仲間の群れを離れて死の洞窟へ向かう話をする。いわゆる「象の墓場」の話である。
父親チョン・ホヨンは死期を悟った象のように、家族を離れてサラク谷という死に場所へ向かったのではないだろうか。
息子チョン・ダウムは辛い闘病生活の果てに、大好きな父親から離されて、母親の元へ行く。息子を元妻に託した父親チョン・ホヨンは、ひっそりとサラク谷で死ぬ。
小説「グッドライフ(原題はカシコギ)」を読み終えて思った。この本の登場人物の中で、いったい誰が幸せになったのだろうか。
私は思う。「辛い(つらい)」という文字に「一(いち)」を足すと「幸せ(しあわせ)」という文字になる。辛い状況は、幸せになる一歩手前の状態。辛い時でも、一歩踏み出せば幸せになる。息子チョン・ダウムもこの後、母親の元で幸せに暮らしたのではないだろうか。
辛いと思うことがあれば、この本を読むと良い。小説「グッドライフ(カシコギ)」が貴方の「一」になるかもしれない。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。




コメント欄

私の大好きな人の子供が私の息子です 私は自分の人生を悔やんではいないけど 私の決断で子供を産んだことで 彼の人生はつらいものになったではないかと思います 彼はなにも言わないというかことの重大さがわかってないことが 私にとって私が試される試練なんでしょう 子供は親の事をすごく大事におもっています。親を悲しませないよう小さい心を悩ませ頑張っています。私は彼のためには何もしてあげられません ごめんね これからはがんばって仕事探して樺るからね あなたの世話にはならないように 頑張ります 私の人生をあなたと活きていられたことを 幸せに思います 自分の道を生きてね

  • 投稿者-
  • ゴン大好き大好き