グッドライフのあらすじ

反町隆史が出演するドラマ「グッドライフ-ありがとう、パパ。さよなら」の第1話「パパはとっても悲しい生き物です」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「グッドライフ」の原作や主題歌は、「グッドライフの原作しや主題歌」をご覧ください。
産和新聞社で働く敏腕の報道記者・澤本大地(反町隆史)は、異例の若さでディスクへ抜擢が内定した。
澤本大地(反町隆史)が帰宅すると、妻の澤本華織(井川遥)の姿が無かった。テーブルには書き置きと、署名捺印した離婚届が置いてあった。
ある日、明青医科大学付属病院の小児科に、CLSの紺野七海(榮倉奈々)がやってきた。紺野七海は、明青医科大学で始めてのCLSだった。
CLSとは、チャイルド・ライフ・スペシャリストの略称で、子供の入院や心理面を支える仕事で、アメリカでは普及している仕事だが、日本では知られていない仕事だった。
ある日、澤本大地(反町隆史)が仕事をしていると、見知らぬ番号から電話がかかってきた。澤本大地が電話に出ると、相手は弁護士の二宮(岩松了)と名乗った。
そのころ、学校で、澤本羽雲(加部亜門)が階段から転落した。澤本羽雲は明青医科大学付属病院で、円山湊人(伊原剛志)の診察を受けた。
澤本羽雲(加部亜門)は手を捻挫しただけで、大きな怪我ではなかった。円山湊人(伊原剛志)が他に痛い所は無いか尋ねると、澤本羽雲は「右足が痛い」と答える。
澤本羽雲(加部亜門)が階段から転倒する前から痛かったと説明すると、円山湊人(伊原剛志)は「月曜日まで痛かったら、また遊びにおいで」と答えた。
そのころ、澤本大地(反町隆史)は二宮弁護士(岩松了)と会っていた。二宮弁護士は妻・澤本華織(井川遥)の代理人だった。
二宮弁護士(岩松了)は妻・澤本華織の要求を簡潔に述べた。澤本華織の要求は単純明快だった。「離婚して欲しい」ということだけだった。
澤本大地(反町隆史)は「妻はどこにいるんですか」と尋ねるが、二宮弁護士(岩松了)は「奥様は貴方と会いたくない。だから代理人を立てた」と答えた。
その日の夜、自宅で、澤本羽雲(加部亜門)は「ママから電話があった」と嘘をついて父親を引き留めようとするが、澤本大地(反町隆史)は「父さんを困らせるな」と言い、仕事に出かけた。「グッドライフのネタバレ」へ続く。

コメントを投稿する