「生まれる。」のあらすじ

竹富聖花が出演するドラマ「生まれる。」の第1話「母が51歳で妊娠した、命と命の絆を描くヒューマンドラマ」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「生まれる。」の主題歌や原作については、「生まれる。の主題歌や原作」をご覧ください。
ある日、長男・林田太一(関ジャニ∞大倉忠義)の前に「本当の父親」と名乗る中野瑛太(斎藤歩)が現れた。中野瑛太は「役所に行って調べてみろ。分かったら電話しろ」と告げた。
長男・林田太一(関ジャニ∞大倉忠義)が役所で戸籍を調べると、そこには「特別養子縁組」と記載されていた。
林田太一(大倉忠義)は父親・林田新平(三宅裕司)が経営するパン屋「PANNTEN」を訪れるが、林田新平に特別養子縁組のことを尋ねず、世間話をして林田太一はパン屋を出た。
林田太一(関ジャニ∞大倉忠義)がパン屋を出たあと、父親・林田新平(三宅裕司)でパン屋「PANNTEN」の厨房で倒れた。
帰りが遅い父親・林田新平(三宅裕司)を心配した妻・林田愛子(田中美佐子)がパン屋「PANNTEN」を訪れる。林田愛子は、パン屋「PANNTEN」の厨房で倒れている林田新平を発見した。
父親・林田新平(三宅裕司)は脳梗塞で倒れ、そのまま帰らぬ人となった。妻・林田愛子(田中美佐子)は「私が早く気づいてあげていれば…」と肩を落とした。
実家に兄弟が集まる。三男・林田美子(竹富聖花)は、大学進学を心配して、「お店はどうなるのかな」と問いかけと、長女・林田愛美(堀北真希)は、「私も働いてるし、大学に行かせることはできる。無理して店を継ぐ必要はないと思う」と答えた。
しかし、次男・林田浩二(ジャニーズJr.中島健人)は「兄貴が継げば良いんじゃないかな。長男なんだし」と言い、兄弟が口論となる。
兄弟が話し合っていると、母親・林田愛子(田中美佐子)が現れた。林田愛子は「店は閉じない。私がやる。なんとかなる」と宣言した。
ある日、出版社「ダブルエース」の社長・長澤(金田明夫)が企画「みんなの高齢出産」を出すが、編集長の国木美和(戸田恵子)は「100点満点で9点。やるなら自分でやって」と言い、企画を返した。
そこで、長澤(金田明夫)は、林田愛美(堀北真希)に「お前、1本立ちする気は無いか」と言い、考えた企画「みんなの高齢出産」を持ちかけた。林田愛美は喜んで引き受けた。
国木美和(戸田恵子)は「ボツにしようと思ってたのに」と言いならも、林田愛美(堀北真希)に「高齢出産を客観的に分析して、ネガティブな意見も載せて、高齢出産を掘り下げれば、意味が出るかもしれない」とアドバイスした。
ある日、母親・林田愛子(田中美佐子)はパン屋「PANNTEN」を開店していた。父親・林田新平(三宅裕司)の遺作「ごま油クロワッサン」も店頭に並んだ。
林田愛子(田中美佐子)は、不妊治療を続けている友達・内田留美(西村知美)に、「あがっちゃった。もう2ヶ月も生理がきてないの」と打ち明けると、内田留美は「妊娠したんじゃないの」とからかった。「生まれる。のネタバレ」へ続く。

コメントを投稿する