JIN-仁-2(完結編)第2話のあらすじ

黒川智花が出演するドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の第2話「未来との選択」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは「JIN-仁-2(完結編)のあらすじをご覧ください。原作や主題歌については、JIN-仁-2(完結編)の原作や主題歌をご覧ください。
南方仁(大沢たかお)が考案したお菓子「安道名津(あんドーナツ)」は、脚気に効くお菓子として、江戸で人気になっていた。
ある日、南方仁(大沢たかお)は奥医師・松本良順(奥田達士)から、「皇女和宮(黒川智花)に脚気の疑いがある。安道名津(あんドーナツ)を献上して欲しい」と頼まれる。
一方、幕府奥医師の多紀安琢(相島一之)は、仁友堂で働く元弟子の福田玄孝(佐藤二朗)に、安道名津(あんドーナツ)の材料を調べてくるように命じる。
仁友堂では、安道名津(あんドーナツ)を皇女和宮(黒川智花)に献上することが話題になっていたが、南方仁(大沢たかお)は、「作り方を教えればすむ」と献上には前向きではなかった。
南方仁の病院「仁友堂」の経営は苦しかった。治療道具は全て特別注文のため、高額だった。治療費は全て道具費用に消え、給料も払えていなかった。ペニシリンの製造も、浜口儀兵衛(石丸謙二郎)の援助に頼っている状態だった。
南方仁(大沢たかお)は、皇女和宮(黒川智花)に安道名津(あんドーナツ)を献上すればお金には困らなくなるが、歴史を変えてしまうのではないかと悩んでいた。
ある日、南方仁(大沢たかお)が元花魁の野風(中谷美紀)を見かけた。野風は長屋で塾を開いていたが、男を誘惑するとして、長屋を追い出されていた。そして、仕事を求めて江戸へ来ていたのだった。事情を知った南方仁は「仁友堂で働きませんか」と、野風を誘った。
その後、南方仁(大沢たかお)は、歌舞伎役者・澤村田之助(吉沢悠)に安道名津(あんドーナツ)の作り方を教える。南方仁が理由を尋ねると、澤村田之助は「安道名津を作るシーンの参考にする」と答えた。
ある日、南方仁(大沢たかお)は安道名津(あんドーナツ)の献上を決めた。南方仁が決意したのは、故郷のない野風(中谷美紀)と故郷に帰れない皇女和宮(黒川智花)とを重ね合わせたからだった。
一方、南方仁(大沢たかお)が安道名津(あんドーナツ)を献上することを知った多紀安琢(相島一之)は、元弟子の福田玄孝(佐藤二朗)に、「安道名津の献上を失敗に終わらせろ」と命じた。
その日の夜、南方仁(大沢たかお)は、仁友堂の入拂帳(帳簿)を見て、橘咲(綾瀬はるか)が着物やカンザシを質に入れて仁友堂を支えていたことを知った。「JIN-仁-2(完結編)第2話のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する