藤本哉汰を誘拐した犯人は尾野真千子

藤本哉汰が出演するフジテレビ系ドラマ「名前をなくした女神」の第6話「遊園地の謎が今!最大の危機が来る」の感想です。


ドラマ「名前をなくした女神」の第6話のあらすじは「名前をなくした女神-第6話のあらすじ-安野ちひろの波乱」をご覧下さい。
「名前をなくした女神」の第6話も面白かった。第1話のオープニングで流れた、赤い風船を持った男児が遊園地で誘拐される事件は、第6話で発生した。
赤い風船を持っていた男児の正体は秋山健太(藤本哉汰)で、誘拐した犯人は安野ちひろ(尾野真千子)だった。
安野ちひろ(尾野真千子)が誘拐に及んだ理由は複数あると思うが、最も大きな理由は、遠足へ行けなかったことに絶望した安野爽(長島暉実)が「お母さんは嘘つきだ。なんで僕はお母さんの子供なんだよ」と言ったからだろう。
安野英孝(高橋一生)が職場でセクハラをしたという噂が、幼稚園では広がっており、安野ちひろ(尾野真千子)は安野爽(長島暉実)を幼稚園の遠足へ連れて行ってやれなかった。
秋山侑子(杏)が噂を広めたわけではないのだが、進藤真央(倉科カナ)の計略により、安野ちひろ(尾野真千子)は噂を広めた犯人を、秋山侑子だと思い込んでいる。
安野ちひろ(尾野真千子)が秋山健太(藤本哉汰)を誘拐する目的は不明である。さすがに殺すことは無いだろうが、誘拐した以上はそれなりの事件を起こして欲しい。
誘拐犯は、本宮レイナ(木村佳乃)か安野ちひろ(尾野真千子)のどちらかだろうと予想していたので、安野ちひろが犯人だったので意外性はなかった。
秋山健太(藤本哉汰)の靴をクローズアップするのなら、せめて、誘拐された子供や、犯人の正体は次回の放送で明かして欲しかった。
正気を失った安野ちひろ(尾野真千子)は、ドラマ「美しい隣人」のマイヤー沙希(仲間由紀恵)を連想した。精神が崩壊した安野ちひろの活躍に期待したい。
さて、本宮レイナ(木村佳乃)は、義母の病室で、本宮功治(平山浩行)の愛人と会った。愛人の加藤弓恵(中島ひろ子)は、本宮功治(平山浩行)の幼なじみだった。
本宮功治(平山浩行)は仕事で成功しているが高卒で、学歴主義の本宮レイナ(木村佳乃)に嫌気がさしているようである。
愛人の加藤弓恵(中島ひろ子)には、本宮彩香(小林星蘭)と同じくらいの子供が居るので、結婚前から交際していたのかもしれない。
本宮功治(平山浩行)は仕事で成功するために、本宮レイナ(木村佳乃)と結婚したのだろうか。
本宮レイナ(木村佳乃)は激やせして頬がこけている。ドラマ「名前をなくした女神」を観ていると、本宮レイナが段々とキツネに見えてきた。本宮レイナは最終回で、グリコ森永事件のような事件を起こして欲しい。
一方、進藤真央(倉科カナ)は進藤羅羅(らら=谷花音)に留守番を任せて、バイトへ出かけた。どうやら、キャバクラでバイトを始めたようである。
次回予告によると、進藤真央(倉科カナ)は「キキ」という源氏名で働くようだ。進藤羅羅(谷花音)の羅羅(らら)は、進藤真央が好きなキャラクターの名前である。進藤羅羅の名前の由来は、「キキララ」なのかもしれない。
進藤真央(倉科カナ)には早く、ママ友地獄から借金地獄へと転落して欲しいものである。
さて、最終回に発生すると思っていた遊園地での誘拐事件は第6話で発生した。だとすると、最終回にくるネタは、自殺未遂を起こした深沢雅美(安達祐実)だろうか。
また、秋山侑子(杏)が沢田利華子(りょう)のネットショップでアルバイトを始めた件も残っているので、沢田利華子も最終回で豹変するのかもしれない。
安野ちひろ(尾野真千子)が作成した黒いファイル「ひまわりの子幼稚園【くもぐみ】保護者と園児リスト」も、まだ活躍していない。このファイルが最終回で切り札になると思う。早く、結末が知りたい。「名前をなくした女神-第7話のあらすじ」へ続く。
ドラマ「名前をなくした女神」の原作や主題歌については「名前をなくした女神-原作や主題歌」をご覧ください。

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。