名前をなくした女神-最終回と結末の予想

子役の藤本哉汰が出演するフジテレビ系ドラマ「名前をなくした女神」の最終回と結末との予想です、


第7話のあらすじは「名前をなくした女神-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。
ドラマ「名前をなくした女神」の第7話も面白かった。今回はドラマ「名前をなくした女神」のロケ地をネタバレしながら、最終回と結末を予想する。
安野ちひろ(尾野真千子)は秋山健太(藤本哉汰)を誘拐した観覧車のある遊園地(ロケ地)は、埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち・ハローキティー・メルヘンタウン」である。
迷子になった秋山健太(藤本哉汰)を呼び出すアナウンスでも「メルヘンタウンの受付までお越し下さい」と言っていた。
一方、進藤羅羅(ララ=谷花音)の羅羅(ララ)は、進藤真央(倉科カナ)が好きなキャラクターの名前を取って名付けた。
そして、進藤真央(倉科カナ)は「キキ」という源氏名を使って、キャバクラでアルバイトを始めた。「キキ」も進藤真央が好きなキャラクターだった。
よって、進藤羅羅(ララ=谷花音)の名前の由来は、「キキララ」のララで間違いない。
先に述べたとおり、安野ちひろ(尾野真千子)は秋山健太(藤本哉汰)を誘拐した遊園地のロケ地は、「西武園ゆうえんち・ハローキティー・メルヘンタウン」である。
キキララもハローキティーもサンリオのキャラクターである。故に、ドラマ「名前をなくした女神」の犯人(黒幕=ラスボス)は、サンリオに関係しているはずである。
本宮レイナ(木村佳乃)は怪しいが、サンリオとは関係が無い。せいぜい、結城広己(荻原聖人)と不倫をしてママ友地獄に陥るだけだろう。
本宮レイナ(木村佳乃)は読者モデルから外された。進藤真央(倉科カナ)が尊敬していたのは、あくまでもカリスマ読者モデルとしての本宮レイナだろう。
「飛ばない豚は、ただの豚」である。進藤真央(倉科カナ)は、読者モデルでなくなった本宮レイナ(木村佳乃)を尊敬しなくなり、容赦なく虐めて、ママ友地獄へ陥れるだろう。
一方、沢田利華子(りょう)はネットショップ「blue skip(ブルー・スキップ)」を運営している。おそらく、沢田利華子が黒幕(ラスボス)である。
ネットショップ「blue skip」はベビー用品を中心に扱ってショップなので、子供に人気の高いサンリオの商品を扱っているはずである。だとすれば、沢田利華子(りょう)はサンリオと接点ができる。
それに、ドラマではネット業界は悪者に描かれるケースが多い。フジテレビ系昼ドラマ「霧に棲む悪魔」でも、ネット事業を展開する御田園陽一(戸次重幸)は、「悪魔」と呼ばれている。
したがって、「名前をなくした女神」の犯人(黒幕)は、ネットショップ「blue skip」の沢田利華子(りょう)と予想する。
沢田利華子(りょう)は、ネットショップ「blue skip(ブルー・スキップ)」のアルバイトをする秋山侑子(杏)に時給1300円も払っている。
最終回で、沢田利華子のネットショップ「blue skip」は、ブラック企業であることが発覚して、自己破産に追い込まれると予想する。
(コメントを頂いたので、各家庭の最終回の予想を追加します。また、第10話を観て、黒幕の予想を矢崎里子へと変更します。上の予想を書いた第7話では、矢崎里子は登場していませんでした。)
秋山侑子(杏)にドールハウスの販売を持ちかけた矢崎里子(秋本祐希)が、ドラマ「名前をなくした女神」の黒幕(ラスボス)に違いない。
矢崎里子の夫はインテリアショップを経営しているので、サンリオのキャラクターを扱っても不思議ではない。
最終回で黒幕の矢崎里子(秋本祐希)は秋山侑子(杏)の受験番号を入手して、秋山健太(藤本哉汰)の受験を妨害する。しかし、秋山侑子はママ友の協力を得て、妨害を乗り切る。
その結果、秋山健太(藤本哉汰)は明峰学園に合格する。夫・秋山拓水(つるの剛士)も仕事が見つかり、秋山家はハッピーエンドを迎える。
沢田利華子(りょう)は離婚届に署名捺印するが、長男の沢田海斗(かいと=内田淳貴)が離婚届を持って逃走していまう。沢田夫婦、長男の沢田海斗の心境を知り、沢田家は元の鞘に収まった。
安野ちひろ(尾野真千子)は、夫のセクハラが部下の嫌がらせだった事を知るが、セクハラの噂は治まらない。安野ちひろはセクハラの噂から息子を守るため、夫と離婚する道を選んだ。
進藤真央(倉科カナ)は進藤羅羅(らら=谷花音)が倒れたことを切っ掛けに改心する。改心した進藤真央は、こだわっていたセレブマンションを引き払い、田舎の群馬へ引っ越して幸せに暮らした。
お受験に命をかけていた本宮レイナ(木村佳乃)は、娘・本宮彩香(小林星蘭)に強いストレスを与えていたことに気付いて改心する。本宮レイナは受験を諦めて、家庭的な主婦になると、夫・本宮功治(平山浩行)も帰宅するようになり、セックスレスも解消した。「名前をなくした女神-第7話の感想」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

名前をなくした女神-最終回と結末の予想へのコメント

ママ友というのはほんと怖いですね

  • 投稿者-
  • 匿名
  • -2011年5月27日

最終回は、みんな平和で、ENDになると思う。

  • 投稿者-
  • 匿名
  • -2011年6月10日

少し説明が足りないです最後はどうなるんですか?

  • 投稿者-
  • 匿名
  • -2011年6月15日

きっと利華子(りょう)は夫からも見放され空斗(海斗のお兄ちゃん)は侑子の願書を、捨てているのを発見する。大いに悲しんだラスボス利華子は本当は嫉妬深い

  • 投稿者-
  • 杏梨ちゃんちゃんこ
  • -2011年6月15日

コメントありがとうございます。各家庭の結末の予想も追加しました。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年6月15日

ママ友というのは、楽しくそして笑うという感じを思いこめていました。
だが、だい1話から私の思いが変わったのだ。最初の音楽がすこし怖い。 
最終回にはみんな良いママ友の関係になれるのかな・・・羅羅ちゃんかわいい!
あやかちゃんもかいとくんもけんたくんもみんなかわいくてかわいそう。
最後はいい所で終わってほしい。

  • 投稿者-
  • 女神
  • -2011年6月21日