犬を飼うということ-第8話のネタバレ-最終章

杉本哲太が出演するテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「犬を飼うということ-スカイと我が家の180日」の第8話「「最終章-君の命」」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「犬を飼うということ-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。
奈良橋宗一(杉本哲太)は「初対面でなんですが、すき焼きにタマネギは違うでしょ」と言うが、窪田松夫(泉谷しげる)は「部外者は黙ってろ」と言い、相手にしなかった。
鍋にうるさい2人を見た本郷大(山崎竜太郎)が、「家でもよく鍋をするの?」と尋ねると、2人は黙ってしまった。
すき焼きが出来上がり、本郷眞子(久家心)らは喜んですき焼きを食べる。鍋通を自負する奈良橋宗一(杉本哲太)も、窪田松夫(泉谷しげる)の作ったすき焼きの旨さに驚いた。
すき焼きや団らんが終わり、楽しい時間は過ぎ去った。窪田松夫(泉谷しげる)は帰るさい、本郷勇次(錦戸亮)に、退職金が入った通帳と判子とを手渡した。
本郷勇次(錦戸亮)は断るが、窪田松夫(泉谷しげる)は「俺には家族が居ない。後は年金でやっていける。スカイにもお金がかかるんだろ。ただし、月に1回俺を呼んですき焼きを食べること」と告げると、本郷勇次は深々と頭を下げた。
本郷勇次(錦戸亮)は通帳を開け、驚く。通帳の中には退職金の残り338万7070円が入っていた。その後、本郷勇次は本郷幸子(水川あさみ)に「引っ越そうか」とつぶやいた。
ある日、自治会で自治会長は本郷夫婦に、「次の契約はしないことに決まった。12月までに出て行ってもらう」と告げた。本郷勇次(錦戸亮)は、12月ならスカイツリーの完成が観られると喜ぶ。
夏休みも終わり、10月になったある日、本郷幸子(水川あさみ)は本郷眞子(久家心)らを連れて、特売の牛乳を買うためにスーパーを訪れると、レジで畑山静香(庵原涼香)と母親・畑山芳子(森脇英理子)の2人を見かけた。
畑山芳子(森脇英理子)はカードが使えずに買い物が出来ずにスーパーを出ると、元パート仲間の三村喜代美(大島蓉子)は本郷幸子(水川あさみ)に、畑山芳子の夫の会社が倒産したらしいことを教えた。
ある日、本郷勇次(錦戸亮)らは、スカイツリー(ダイヤ=ポメラニアン)や家族を連れてバー「クロスロード」で外食をする。
元バンド仲間の川島秀樹(武田航平)は、バー「クロスロード」で働くようになっていた。
本郷幸子(水川あさみ)は「弾いてよ。子供達に聴かせたことがなかったでしょ」と頼むと、本郷勇次(錦戸亮)はギターに手を伸ばして、ステージに上がると、「大きなのっぽの古時計」を演奏した。
翌朝、本郷幸子(水川あさみ)は病院へ向かう。本郷勇次(関ジャニ∞錦戸亮)も仕事へ向かい、本郷大(山崎竜太郎)や本郷眞子(久家心)も学校へ出かけた。
家に残されたスカイ(ダイヤ)は、部屋の中を歩き廻る。次々に本郷幸子(水川あさみ)や本郷眞子(久家心)らとの思い出が蘇る。やがて、スカイはベランダへ出ると、もうすぐ完成するスカイツリーを眺める。「犬を飼うということ-第8話の感想」へ続く。

コメントを投稿する