ゴシュハシンダの謎

戸次重幸が出演するフジテレビ系の昼ドラマ「霧に棲む悪魔」の第41話の感想です。このページは「霧に棲む悪魔-第41話のあらすじ」からの続きです。


第41話で龍村玄洋(榎木孝明)が、日浦晴香(京野ことみ)の手籠めに失敗した。おそらくこれで3度目の失敗である。
ただ、今回は強姦未遂事件は、部屋に監視カメラがあったため、わざと失敗したようにも思える。
日浦晴香(京野ことみ)はDNA検査に協力してもらうため、龍村玄洋(榎木孝明)に近づいたのだが、龍村玄洋の髪の毛は採取できたのだろか?謎である。
日浦晴香(京野ことみ)を助けるために部屋に入った弁護士の唐木田翔(石井智也)は、龍村玄洋(榎木孝明)に手を引っかかれていた。何かの伏線かもしれない。
さて、龍村玄洋(榎木孝明)は髪(カツラ?)の中に、御田園陽一(戸次重幸)らの会話を盗聴したデーターを保存したUSBメモリーを隠していた。
黒柳徹子は髪の中に飴を隠しており、子供に飴をあげることがある。髪の中からUSBメモリーを取り出す龍村玄洋(榎木孝明)は、黒柳徹子のようだった。
龍村玄洋(榎木孝明)は髪から取り出したUSBメモリーを使って手品をしていたが、意味は分からなかった。
やはり、龍村玄洋(榎木孝明)は、原作で登場した秘密結社の構成員ペスカなのかもしれない。龍村玄洋は最終回で化けそうな気がする。
一方、精神病院「デヴァルト・メンタルクリニック」から連れ出した龍村圭以(入山法子)は、北川弓月(姜暢雄)に「悪魔は『ゴシュハシンダ』を恐れている」と教えた。
「ゴシュハシンダ(ゴシュは死んだ)」とは、悪魔の御田園陽一(戸次重幸)の秘密につながる言葉である。
これで、北川弓月(姜暢雄)と日浦晴香(京野ことみ)の2人も「ゴシュハシンダ」の意味を探り始めた。北川弓月は辞書で調べていたので、以外と真面目な性格なのかもしれない。
御主と書いて「うしゅ」と読み、琉球王国では君主のことを「御主(うしゅ)」と読んでいたが、この御主ではないだろう。
また、ゴシュは御田園陽一の出身地の方言(関西弁)かもしれないと言っていたが、関西弁にゴシュは見あたらなかったにで、関西弁でもなさそうだ。
さて、ゴシュハシンダの意味については、「ゴシュハ死んだの意味」で推理したので、新たに別の推理を考えなければ、最終回までネタが持たない。
したがって、「ゴシュハシンダ」の外国語ではないかと疑い、「ゴシュハシンダ」の意味を考える。
御田園陽一(戸次重幸)はアラブでエコ事業を展開しているので、アラビア語あたりが怪しいと思う。
もう1つ気になるのが、龍村圭以(入山法子)が監禁されていた精神病院「デヴァルト・メンタルクリニック」の名前である。
この「デヴァルト」にヒントがあるのではないかと思うのだが、デヴァルトの意味が分からない。デヴァルトが何語なのか分かれば、ゴシュの意味に近づけそうな気がする。「霧に棲む悪魔-第42話のあらすじ」へ続く。
ドラマ「霧に棲む悪魔」の原作や主題歌については、「霧に棲む悪魔の原作や主題歌」をご覧ください。

コメントを投稿する

ゴシュハシンダの謎へのコメント

毎日録画しながら見ています。
僕的に弁護士の『唐木田』も敵(龍村陽一)に買収されているのでは?って思っています。
今日の最後に影山が現れましたが、事前に唐木田が連絡していたのでは?
他にも以前から怪しい所が…
以前、予想されていましたが、現在の龍村陽一偽者説はありうるかもですね?
玄洋が爪で傷をつけていましたが、爪に残った皮膚をDNA鑑定に提出=龍村圭以と合わない=龍村圭以はやっぱり死んでいる。
って所を狙っているのでは?
今後の展開が楽しみです。

  • 投稿者-
  • 立花 猛
  • -2011年6月7日

コメントありがとうございます。今の龍村陽一の偽物だと思いますが、偽物説だけでは書くことが無くなってしまうので、新たな説を考え中です。
爪でひっかいた件については、私もDNA検査を考えたのですが、結論に達しませんでした。
唐木田弁護士が龍村玄洋をひっかいていれば、DNA検査に発展すると思うのですが、龍村玄洋がひっかいたので、龍村玄洋の爪に残っているのは唐木田弁護士の肉片のはずです。だから、龍村圭以のDNA検査との関係が分かりませんでした。
唐木田弁護士が怪しい点については、同意です。私も唐木田弁護士は龍村陽一の誰かと内通していると思います。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年6月7日

え~…ごしゅは死んだの意味は、絶対、セロ弾きのゴーシュですよ。
番組のホームページのBBSに書きこんだんですけど、反映されないから。
他に変なことも書いていないので、当たっているから
載せてくれないと思っています。
今の奥様達の関心ごとは、昼メロなので、弓月の愛の行方だと思いますが…
どっちとくっつか気になる…

  • 投稿者-
  • あおき
  • -2011年6月7日

コメントありがとうございます。ご指摘の通り、ゴシュの意味は、フランス語で「左利き」を意味する「gauche(ゴーシュ)」など思うので、宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」につながると思います。
今回はミステリーなので恋愛要素は少ないですが、北川弓月が最後に龍村圭以と日浦晴香とのどちらを選ぶのかは、非常に興味があります。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2011年6月8日