JIN2-仁(完結編)-第9話のあらすじ-坂本龍馬の海縁隊

内野聖陽が登場するTBSドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の第9話「坂本龍馬、暗殺」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第8話のあらすじは「JIN2(完結編)第8話のあらすじ-船中九策」をご覧下さい。原作や主題歌については、JIN-仁-2(完結編)の原作や主題歌をご覧ください。
南方仁(大沢たかお)が坂本龍馬(内野聖陽)に出した手紙が徳川の間諜(スパイ)の手に渡り、南方仁と坂本龍馬の2人が通じていることが発覚した。
橘恭太郎(小出恵介)は江戸城へ呼び出され、上司から「坂本龍馬を討て。取り逃がせば、母親と妹はどうなるか分かっているな」と命じられる。
一方、南方仁(大沢たかお)は、橘咲(綾瀬はるか)と仁友堂の医師・佐分利祐輔(桐谷健太)の2人を連れて京都へ向かう。
佐分利祐輔(桐谷健太)を連れて京都へ向かったのは、橘咲(綾瀬はるか)が「この時代の人間が行ったことは、否定される歴史ではなく、ただの歴史なのではありませんか」という言葉を受けたからだった。
帝王切開を行った野風(中谷美紀)が、出血多量で危なかったとき、出欠点を見つけて野風を助けたのは佐分利祐輔(桐谷健太)だったのである。
京都へ向かう橘恭太郎(小出恵介)は、隣の宿に南方仁(大沢たかお)らが宿泊していることを知り、村人の診察へでかけようとする南方仁らに声をかけた。
橘恭太郎(小出恵介)は橘咲(綾瀬はるか)を借り、2人きりで話す。橘恭太郎は橘咲に、「橘家に戻ることを考えてくれないか。先生さえ良ければ、一緒に戻ってはどうだ。あの頃は楽しかった。母上もお前と暮らすことを望んでいると思うぞ」と告げた。
翌朝、橘恭太郎(小出恵介)は宿を発つ南方仁(大沢たかお)に「先生に1つお願いがあります。咲をよろしくお願いします。末永くよろしくお願いします」と言って、見送った。
一方、坂本龍馬(内野聖陽)は西郷隆盛(藤本隆宏)に、新しい政府の人選を記録した書を渡していた。その書の関白は「○○○」と伏せ字になっていた。
大久保一蔵(後の大久保利通=眞島秀和)は「この○○○は、徳川慶喜を入れよということか。徳川は最大の大名で、大政奉還後も臨時の政府を担っている」と追求する。
すると、坂本龍馬(内野聖陽)は「それはいい。さすが大久保さんじゃ。徳川は新政府の最大の立役者で、外せばややこしいことになる」と答えた。
西郷隆盛(藤本隆宏)は「この中に坂本さんの名前が無いが、坂本さんはどうするつもりだ」と尋ねると、坂本龍馬(内野聖陽)は「世界の海縁隊じゃ。海の向こうにはオナゴと縁を結ぶと書いて、海縁隊じゃ」と答えて、薩摩藩の屋敷を出た。
帰り道、坂本龍馬(内野聖陽)は東修介(佐藤隆太)に「お前はこの後はどうするんだ」と尋ねると、東修介は「ずっと坂本さんの護衛をします」と答えた。
坂本龍馬は「やり残したことがあるって言ってただろ」と尋ねると、東修介は「兄は志士で、志半ばで倒れました。兄の代わりに果たしたいことが1つあったのですが、坂本さんの大政奉還の建白を読んだとき、もうよいのではないかと思いました」と答えた。
坂本龍馬(内野聖陽)は「東、そしたら、お前も世界中のオナゴとアバンチュールぜよ」と言って、東修介の肩を抱いた。
そのころ、南方仁(大沢たかお)は京都にある寺田屋に着いていた。尾行していた橘恭太郎(小出恵介)らは、南方仁が寺田屋へ入ったことを確認する。「JIN2-仁(完結編)第9話のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する