JIN-仁-3(徳川埋蔵金編)

坂本龍馬暗殺の犯人は東修介だったTBSドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の第10話「最終章前編~タイムスリップの結末…」のネタバレと感想の後編です。


このページは「長州藩士の東修介が坂本龍馬を暗殺した真相」からの続きです。
坂本龍馬(内野聖陽)は亀山社中を使って武器を横流しして、薩長同盟に尽力したのだが、南方仁(大沢たかお)の「戦は戦しかよばない」という言葉での影響で、完全に穏健派になっている。
あの場面で、坂本龍馬の意志である「戦争を避ける」ためには、東修介が坂本龍馬を切る以外に選択肢は無かった。
坂本龍馬は切られることによって、徳川も薩摩藩も長州藩も救ったし、東修介(佐藤隆太)も兄の敵討ちが果たせたという4つの意味がある。
坂本龍馬(内野聖陽)を殺した東修介(佐藤隆太)に殺意はあったのかという疑問が残るが、私は明確な殺意があったと解釈した。
その根拠は、東修介が目を閉じて坂本龍馬の額を切ったことである。史実でも坂本龍馬は額を切られたが、史実の坂本龍馬暗殺事件は別の話を考えると、東修介が坂本龍馬の額を狙った太刀筋や、東修介が目を閉じて切ったことは、明確な殺意の表れでだと思う。
東修介(佐藤隆太)は第9話で、徳川の刺客と斬り合ったとき、前傾姿勢になって刺客の足を切った。足を狙う剣術は、具足を着けた戦場から発生した古い流派(兵法)だと推定できる。
戦が終わると、勝った軍は負けた兵士を自軍に取り込むため、戦場での剣術は相手を殺さずに、一時的に戦闘不能にすることが目的となるため、足や甲冑の隙間を狙う太刀筋となる。
だから、古い流派の東修介(佐藤隆太)が額を狙ったことは明確な殺意の現れであり、坂本龍馬(内野聖陽)を殺すことによって、戦争の火種を消したのだと思う。
剣道のように背筋を伸ばした直立スタイルは江戸時代に入ってから普及した。剣道は具足を着けない斬り合いを想定しており、具足を付けた戦場では足や具足の隙間を狙った剣術が有効だった。この話は長くなるのでここで終了する。
さて、黒幕の奥医師・三隅俊斉(深水三章)がJIN2第10話で捕まった。黒幕の割には、あっさりと捕まった。
三隅俊斉(深水三章)が、職人に南方仁(大沢たかお)の筆跡をマネさせて作っていた手紙は、ペニシリンの免許状だった。
三隅俊斉(深水三章)はねつ造したペニシリンの免許状を医師5人に渡し、「嘘のペニシリン製造方法を教えられ、患者が死んだ」と訴えさせたのだった。
しかし、三隅俊斉(深水三章)の陰謀は、勝海舟(小日向文世)の一計によって、もろくも崩れ去った。
勝海舟は松本良順(奥田達士)に「訴え出た医者の1人が、真相を話すと申し出た」という噂を流させた。
噂を信じた三隅俊斉(深水三章)が医者5人を呼び出して、毒入りに酒を医者5人に飲ませようとしたところを、松本良順らが取り押さえたのだった。
三隅俊斉(深水三章)はヒ素で皇女和宮(黒川智花)を殺害しようとした「安道名津(あんドーナツ)殺人事件」の黒幕なので、最終回では安道名津殺人事件のことも一緒に追求されるのだろう。
さて、東修介(佐藤隆太)が坂本龍馬を暗殺したにも関わらず、倒幕軍は兵を挙げ、江戸へ向けて進軍した。東修介が坂本龍馬を暗殺しても、歴史は変わらなかったということだろうか。
勝海舟(小日向文世)が江戸に火を放つ準備をして、倒幕軍・西郷隆盛(藤本隆宏)との会談に臨んでいたが、史実通りに江戸城は無血開城するのだと思う。
次回、2011年6月26日放送のJIN-仁-2(完結編)の最終回は、2時間ある。最終回は最終回で楽しみなのだが、私は密かに続編の「JIN-仁-3」を期待している。
いくら歴史にうとい南方仁(大沢たかお)でも、徳川埋蔵金の話しは知っているだろう。明治政府が無血開城した江戸城に乗り込んだが、幕府御用金が見つからなかったという話しである。
第10話のストーリーを見る限りでは、南方仁(大沢たかお)は未来に戻るようなので、江戸城を張り込んで、独側埋蔵金のありかを探してきて欲しい。
そうすれば、現代に戻った南方仁(大沢たかお)が徳川埋蔵金を発掘するドラマ「JIN-仁-3(徳川埋蔵金編)」が作れると思う。ドラマは無理でも、2時間特番1本ぐらいは付くって欲しい。徳川埋蔵金が見つからなくても、そこで10円玉の伏線を回収すれば良い。「JIN-仁-2(完結編)の最終回のネタバレ」へ続く。
ドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の原作や主題歌については、JIN-仁-2(完結編)の原作や主題歌をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

JIN-仁-3(徳川埋蔵金編)へのコメント

金を発掘するドラマ「JIN-仁-3(徳川埋蔵金編)」が作れるとしてあるがお金がらみになってしまうと、主人公に魅力がなくなってしまう。主人公は金の亡者ではない。もし、埋蔵金のことをやるなら、主人公は三隅俊斉にしてほしい。

  • 投稿者-
  • ぐでたま
  • -2015年4月25日