龍村ファームをオーベルジュに改装

入山法子が出演するフジテレビ系の昼ドラ最大のミステリードラマ「霧に棲む悪魔」の第53話の感想です。第53話のあらすじは「霧に棲む悪魔-第53話のあらすじ」をごらんください。


精神病院「デヴァルト・メンタルクリニック」の院長・森田が、龍村圭以(入山法子)と白衣の女・安原霧子とを入れ替えるトリックを、北川弓月(姜暢雄)に告白した。
入れ替わりのトリックは分かっていたので、第53話では特に目新しい情報は無かった。
死んだ安原霧子をスーツケースに入れて運んだことや、死後硬直は無かったのかという疑問は残るが、そこは昼ドラマだと諦める。
しかし、白衣の女・安原霧子が頻繁に咳をしていた理由くらいはしっかりと説明して欲しかった。安原霧子は以前から不整脈があり、突然死したのでは、咳の意味が理解出来ない。
それと、医師の森田がペットボトルの水を飲むシーンが不自然だった。もう医師の森田に役割は残っていないと思うので、ペットボトルの水に何か意味があるのだろうか。
さて、蓮見依子(中田喜子)が龍村ファームをオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)に改装する準備を始めた。湖の周辺にもコテージを作るようだ。
龍村ファームの謎が湖の周辺に埋まっているようだが、何が埋まっているのかは分からない。
死んだ龍村礼司も龍村家の相続人にだけ伝える秘密を、龍村圭以(入山法子)に伝える前に死んでしまったので、龍村圭以も秘密を知らない。
龍が眠る丘に残る「龍の伝説」を考え合わせると、、龍村ファームが人手に渡って龍が目を覚ますが、弓矢を持った勇者(北川弓月)が龍を倒すという展開になるのだろう。
では、龍村礼司が言っていた「龍村ファームが人手に渡れば、龍が目を覚ます」の龍とは何か?他人に知られては困るような秘密だろうから、龍村家の根底を揺るがすような不正の証拠なのかもしれない。
偽物(なりすまし)も乗っ取りもさすがに使えないだろう。龍村ファームを設立したのは2代前なので、推定50年以上前だろう。
だとすると、戦中・戦後のドサクサに紛れて、何か悪事を働いたのかもしれない。
さて、蓮見依子(中田喜子)が龍村玄洋(榎木孝明)と和解した。悪玉同士は戦わず、蓮見依子の元に集約する展開なのだろうか。「霧に棲む悪魔-第54話のあらすじ」へ続く。
ドラマ「霧に棲む悪魔」の原作や主題歌については、「霧に棲む悪魔の原作や主題歌」をご覧ください。

コメントを投稿する