JIN-仁-2(完結編)の最終回のあらすじ-彰義隊

彰義隊(しょうぎたい)が登場するTBSのドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の最終回(第11話)「完結~時空の果て…」のあらすじとネタバレのあらすじ前編です。


第10話のあらすじは「JIN-仁-2(完結編)第10話のあらすじ」をご覧下さい。原作や主題歌については、JIN-仁-2(完結編)の原作や主題歌をご覧ください。
江戸では、徳川軍の兵士が上野・寛永寺に集まり、「彰義隊(しょうぎたい)」を結成していた。
新政府軍(官軍)の西郷隆盛(藤本隆宏)は勝海舟(小日向文世)に、「謀反の噂もある」と言い、彰義隊について追求すると、勝海舟は「江戸の治安を任せているだけだ」と弁解した。
一方、南方仁(大沢たかお)は頭の中の岩(癌)により、体調が悪化していた。頭の中の岩を摘出するには、手術道具「バイポーラ」が必用で、江戸時代の技術ではどうすることも出来なかった。
決意した南方仁は、仁友堂の医師・佐分利祐輔(桐谷健太)らを集め、「これから脳の講義を行うので、自分が死んだら腑分け(解剖)して、今後の医療に役立て欲しい」と頼んだ。
佐分利祐輔(桐谷健太)らは腑分けに二の足を踏むなか、橘咲(綾瀬はるか)は南方仁(大沢たかお)の顔を真っ直ぐに見て、「はい」と答えた。
ある日の夜、橘恭太郎(小出恵介)は、床についた母・橘栄(麻生祐未)に向かって、「言って参ります」と言って頭を下げた。
翌日、橘恭太郎(小出恵介)の遺書が見つかる。橘恭太郎は「彰義隊(しょうぎたい)」に招集されており、最後まで徳川の人間として生きることを決意していたのだった。
橘咲(綾瀬はるか)は「兄上は生きねばなりませぬ」と言って兄・橘恭太郎(小出恵介)を探しに行こうとするが、橘栄(麻生祐未)が「行かないでおくれ」とすがる。
しかし、橘咲(綾瀬はるか)は「兄上と戻って参ります。そのときはどうか、門をくぐらせてくださいませ」と答え、橘恭太郎(小出恵介)を探しに出た。
そのころ、上野では、官軍と彰義隊との戦争が始まっていた。戦場に橘恭太郎(小出恵介)の姿を見つけた橘咲(綾瀬はるか)は、「兄上」と叫んで駈け寄っていくが、左腕に流れ弾が当たって負傷した。
橘恭太郎(小出恵介)は橘咲(綾瀬はるか)に駈け寄ると、橘咲は「お戻り下さい」と頭を下げた。
佐分利祐輔(桐谷健太)は躊躇する橘恭太郎に、「死ぬのだったら、仁先生に断ってからにしろ。助けてもらった命を捨ててもいいですかと」と告げると、橘恭太郎は橘咲を背負って、南方仁(大沢たかお)の元へ走った。
そのころ、南方仁(大沢たかお)は救護所で負傷兵の治療に当たっていた。勝海舟(小日向文世)は南方仁に、「医学所の医師を呼んだら困るんだよ。徳川が彰義隊を認めた事になってしまう」と抗議する。
そこへ応援に駆けつけた奥医師の多紀安琢(相島一之)が勝海舟(小日向文世)に、「医者は医の道を歩くのみ。治まらぬものを治めるのが、政(まつりごと)であろう」と言い放ち、元弟子・福田玄孝(佐藤二朗)に治療の指図を仰いて、負傷兵の治療にあたった。
その後、橘恭太郎(小出恵介)が橘咲(綾瀬はるか)を背負って救護所を訪れる。南方仁(大沢たかお)は橘咲の左腕から銃弾を取り出そうとしたが、手元が定まらず、銃弾の摘出を佐分利祐輔(桐谷健太)に任せた。
頭痛に襲われて南方仁(大沢たかお)が外に出ると、頭の中で坂本龍馬(内野聖陽)の声が響いた。「先生、口八丁手八丁ぜよ。手が動かなかったら、口を動かせばいい」
室内へ戻った南方仁(大沢たかお)は医師達に指図して、治療を助けた。
その後、橘恭太郎(小出恵介)は南方仁(大沢たかお)に「2度、遺書を書きました」と打ち明けると、南方仁は「貴方が守ろうとしているのは徳川ではなく、橘の家なのではありませんか」と問うた。
南方仁の言葉を聞いた橘恭太郎(小出恵介)は彰義隊(しょうぎたい)には戻らずに、救護所で南方仁(大沢たかお)の手伝いをすることを決めた。一方、官軍は1日で彰義隊を打ち破り、残党狩りを始めていた。
あるとき、治療の手伝いに復帰した橘咲(綾瀬はるか)が倒れる。銃弾を取り出した傷が酷く化膿していた。
橘咲は患者の治療している医師らの足手まといにならないために、傷は治ってきたと嘘を言っていたのだった。「JIN-仁-2(完結編)の最終回のネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する