おちょやん-薮内清子(やぶうち・きよこ/映美くらら)のモデル

NHKの朝ドラ「おちょやん」NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する薮内清子(やぶうち・きよこ/映美くらら)のモデルとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」のモデルや実話のネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■おちょやん-薮内清子のネタバレ

朝ドラ「おちょやん」に登場する薮内清子(映美くらら)は、三楽劇場を拠点にしている山村千鳥(若村麻由美)の一座の座員である。

薮内清子(映美くらら)は一座の人気が低迷している事を受け、人気漫画「正チャンの冒険」を原作とした芝居の脚本を書き、座長の山村千鳥(若村麻由美)に「正チャンの冒険」の上演を提案したが、山村千鳥に一蹴されてしまう。

しかし、一座の人気が低迷しており、三楽劇場から出て行かなければならないという危機が訪れたので、薮内清子(映美くらら)は再び「正チャンの冒険」の上演を提案すると、座員一同の説得もあり、山村千鳥(若村麻由美)は「正チャンの冒険」の上演を許可した。

こうして、「正チャンの冒険」が上演されることになったが、上演の前日に主人公を演じる薮内清子(映美くらら)が味をくじいてしまい、台詞を覚えて居た竹井千代(杉咲花)が代役として主役に抜擢されるのだった。

スポンサードリンク

■薮内清子(映美くらら)のモデル

薮内清子(映美くらら)のモデルは、浪花千栄子の師匠・村田栄子です。

浪花千栄子はカフェー「オリエンタル」で女給をしていたのですが、先輩女給ユリちゃんに連れられて、インチキプロダクションに入った。

しかし、インチキプロダクションは1本の映画も撮ることなく倒産していまい、浪花千栄子は監督の推薦で京都の三友劇場を拠点にしている村田栄子一座に入った。

浪花千栄子は、女優になどなりたくなく、屋敷奉公がしたかったので、村田栄子一座で女中仕事をしていたのだが、物覚えが良かったので村田栄子に気に入られ、弟子にされてしまう。

やがて、「正チャンの冒険」が上演されるのだが、主人公を演じる村田栄子が病気で倒れたため、全ての台詞を覚えていた浪花千栄子が代役として、舞台に上げられてしまう。

しかし、浪花千栄子は舞台に上がるのは初めてだったので、覚えているはずの台詞が出てこず、それを誤魔化すため、舞台の上で跳んだり跳ねたりして誤魔化した。

元々、子供向け漫画を原作とした舞台だったので、これが客に大受けして、舞台がヒットし、上演が延長され、浪花千栄子は一躍、村田栄子一座の看板女優となったのだった。

■補足

朝ドラ「おちょやん」に登場する山村千鳥(若村麻由美)のモデルも、浪花千栄子の師匠・村田栄子です。

朝ドラでは、1人のモデルを2人に分けて描くという手法をよく使うので、薮内清子(映美くらら)のモデルも村田栄子と考えて良いと思います。

なお、竹井千代(杉咲花)が働いているカフェー「キネマ」のモデルや実話は「おちょやん-カフェー「キネマ」のモデルは「オリエンタル」」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する