この恋あたためますか-第7話のあらすじとネタバレ

森七菜が主演するTBSの恋愛ドラマ「この恋あたためますか」の第7話のあらすじとネタバレです。

第6話のあらすじとネタバレは「この恋あたためますか-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■この恋あたためますか-第7話のあらすじとネタバレ

旅行から帰った浅羽拓実(中村倫也)は、「ココエブリィ」の創業者・清水香織(笹本玲奈)の支援を受けて移動販売車を購入し、「ココエブリィ」の商品を販売車で販売する移動式コンビニを開始した。

一方、北川里保(石橋静河)は始めて自分のスイーツが商品化されたが、スイーツの売り上げは低迷していた。

一岡智子(市川実日子)は、スイーツの売り上げが下降線をたどっていることから、シュークリームを切っ掛けに「ココエブリィ」の客層が変化したことを指摘し、三田村敦史(佐藤貴史)に浅羽拓実(中村倫也)のスイーツ革命を復活させるように意見した。

ある日、長野県の軽井沢で大規模停電が発生する。

そのニュースを見た井上樹木(森七菜)は、「あの辺はお店が無かったはず。みんな困っている」と言い、コンビニカーで救援に向かうことを提案した。

浅羽拓実(中村倫也)は「あれはビジネスだ」と言い、救援を拒否するが、井上樹木(森七菜)が「鍵を貸してください。私が行きます」と言うので、仕方なくコンビニカーで軽井沢へ向かうことにした。

そして、2人は軽井沢の避難所で商品の販売を始め、大勢の人に喜ばれ、SNSでも話題となるのだった。

さて、人気のあまり、コンビニカーの商品が売り切れてしまい、井上樹木(森七菜)は客に平謝りする。

井上樹木(森七菜)は、残念がる子供達を見て心を痛めていると、道の駅の人が商品を差し入れてくれたり、新谷誠(仲野太賀)らが商品を持って応援に駆けつけてくれ、再び販売を再開する事が出来た。

応援に来た北川里保(石橋静河)は、自分のスイーツを食べる子友達の笑顔を見て、売れるスイーツよりも、人を喜ばせるスイーツの方が大切だと知るのだった。

さて、コンビニカーを閉店した井上樹木(森七菜)は、軽井沢の夜空を見て感動し、いつも側に新谷誠(仲野太賀)が居てくれる事に気付き、「マコッちゃんの隣に居るとホットする。マコッちゃんと居ると楽しい」と言い、新谷誠(仲野太賀)の交際を受け入れるのだった。

この恋あたためますか-第8話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する