おちょやん-太陽の女カルメンのモデルとネタバレ

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する映画「太陽の女カルメン」のモデルとネタバレです。

■太陽の女カルメンのネタバレ

「鶴亀撮影所」は、高城百合子(井川遥)を主演にして映画「太陽の女カルメン」を撮影することになった。

しかし、高城百合子(井川遥)が映画の撮影中に、相手役の男優と駆け落ちしてしまったので、「鶴亀撮影所」は、人妻役を演じていたミカ本田を主役にして映画の撮影を続けた。

竹井千代(杉咲花)は三流の役だったが、高城百合子(井川遥)が駆け落ちする前に監督に推薦してくれていたので、ミカ本田がやっていた人妻をもらえた。

スポンサードリンク

■太陽の女カルメンのモデル

映画「太陽の女カルメン」のモデルは、日活の映画「椿姫」である。

高城百合子(井川遥)のモデル岡田嘉子(おかだ・よしこ)は、北海道で婦人記者をしていたのでが、演芸会に出演したことを切っ掛けに、女優を切望するようになり、上京して舞台女優となった

その美貌が買われて、映画の日活にスター女優として招かれ、昭和2年に映画「椿姫」に主演したのだが、監督から罵倒された。

岡田嘉子は、内縁の夫・山田隆弥との関係が上手くいっていないことにも悩んでおり、「椿姫」の相手役・竹内良一に相談すると、竹内良一から愛の言葉をかけられ、2人で駆け落ちした。

怒った日活は、岡田嘉子らを映画界から追放し、岡田嘉子の代わりに夏川静江を起用し、竹内良一の代わりに東坊城恭長を起用して映画の撮影を続けた。

おちょやん-高城百合子(井川遥)のモデルとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する