35歳の少女-第9話のあらすじとネタバレ

柴咲コウが主演する日本テレビのドラマ「35歳の少女」の第9話のあらすじとネタバレです。

第8話のあらすじとネタバレは「35歳の少女-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■35歳の少女-第9話のあらすじとネタバレ

妹・時岡愛美(橋本愛)と父・今村進次(田中哲司)は、母・時岡多恵(鈴木保奈美)が倒れたという報告を受けて病院に駆けつけた。

時岡望美(柴咲コウ)に事情を尋ねると、時岡望美は母・時岡多恵(鈴木保奈美)が自分を殺そうとしていた事を明かし、「くも膜下出血だって。心不全も起こしている。先生は意識を取り戻すのは、まず無理だろうって」と教えた。

そして、時岡望美(柴咲コウ)は動画の配信時間だと言い、母・時岡多恵を見捨てて帰ってしまった。

その後、妹・時岡愛美(橋本愛)は母・時岡多恵(鈴木保奈美)の看病をしているときに、母・時岡多恵の日記を見つけ、母・時岡多恵が時岡望美(柴咲コウ)を殺そうとしていたのではなく、時岡望美を元の時岡望美に戻し、みんなですき焼きを食べようとしていた事を知る。

そこで、妹・時岡愛美は時岡望美の元を訪れ、母・時岡多恵の真意を教え、昔の時岡望美に戻るように頼んだ。

しかし、時岡望美が「これが本当の私なの」と拒否したので、妹・時岡愛美は怒って「ママの面倒は私が見る」と言って、時岡望美に絶縁を宣言した。

一方、広瀬結人(坂口健太郎)は、父・今村進次(田中哲司)から「多恵が倒れた今、望美を救えるのは君しかいない」と言われてる。

さて、今村加奈(富田靖子)は部屋から出てきたが、一言も口を利いてくれなかった。

そのようななか、父・今村進次(田中哲司)は引きこもりの今村達也(竜星涼)の部屋に強引に入ると、パルズや絵や英会話など、全て途中で放り出されていた。

今村達也(竜星涼)が「やりたいことが分らないんだ」と苦悩を漏らすと、今村加奈(富田靖子)が「貴方たちは親子だ」と言い、今村達也の子供の頃の事を話した。

父・今村進次(田中哲司)が「俺も人生の選択に散々なやんできたが、もう止める。お前達を失いたくないから」と話すと、今村達也(竜星涼)は部屋から出てきて、みんなと一緒に夕食を食べた。

さて、時岡望美(柴咲コウ)が動画を撮影していると、小学生の時岡望美が現われ、「アンタが一番、時間を無駄にしている。人には散々、偉そうなことを言って。アナウンサーに成れなかった恨みを晴らしているつもり?」と指摘されてしまうのだった。

35歳の少女-第9話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する