おちょやん-第14週のあらすじとネタバレ

女優の浪花千栄子をモデルとするNHKの朝ドラ「おちょやん」の第14週のあらすじとネタバレです。

朝ドラ「おちょやん」の登場人物やモデルのネタバレは「おちょやん-あらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

■おちょやん-第14週のあらすじとネタバレ

昭和7年(1932年)、天海一平(成田凌)が2代目・天海を襲名してから3年が過ぎた。

竹井千代(杉咲花)は天海一平(成田凌)と結婚したものの、毎日、鶴亀家庭劇のメンバーが出入りして酒を飲むという感じで、台詞の稽古も出来ない状態が続いており、「岡安」の岡田シズ(篠原涼子)に愚痴を聞いてもらっていた。

そのようななか、チャールズ・チャップリンが来日するというニュースあり、世間は世界の喜劇王の来日で盛り上がっていた。

鶴亀の大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、「世界の喜劇王」と「日本の喜劇王」の対面を計画し、須賀廼家万太郎(板尾創路)と須賀廼家千之助(ほっしゃん)に勝負をさせ、勝った方に劇団にチャールズ・チャップリンを招くことにした。

万太郎(板尾創路)を敵視する千之助(ほっしゃん)は、万太郎に勝つために自分が脚本を書くと言い、脚本を書いたが、天海一平(成田凌)は「こんな脚本では勝負に勝つどころか、松竹家庭劇の評判が地に落ちる」と吐き捨てた。

怒った千之助(ほっしゃん)は他の団員にまで暴言を吐き、鶴亀家庭劇はバラバラなってしまう。

しかも、千之助(ほっしゃん)は小山田正憲(曽我廼家寛太郎)をスパイとして万太郎一座に送り込んだのだが、万太郎(板尾創路)に見つかってしまう。

ところが、万太郎(板尾創路)は怒るどころか、余裕の笑みで、「手の内を明かしても千之助(ほっしゃん)では勝てない」と言い、脚本を見せてくれた。

不思議に思った竹井千代(杉咲花)は、どうして2人は敵対するのか尋ねると、万太郎(板尾創路)は「千之助に訊け」と告げた。

そこで、竹井千代(杉咲花)は鶴亀家庭劇へ戻ると、千之助(ほっしゃん)に、万太郎(板尾創路)と対立する理由を尋ねた。

すると、千之助(ほっしゃん)は、須賀廼家兄弟劇時代の出来事を話すのだが、それにより、自分では万太郎(板尾創路)に勝てないことに気付いた。

そこで、千之助は天海一平(成田凌)に「万太郎に勝つために協力して欲しい」と協力を求め、2人で「丘の一本杉」という脚本を書き上げると。「丘の一本杉」は大ヒットして満員大入りとなった。

万太郎(板尾創路)は、観客席から千之助らの芝居を見て満足していた。

さて、勝負は僅差で万太郎(板尾創路)が勝ったが、全力で芝居にぶつかった竹井千代(杉咲花)らに悔しさは無かった。

万太郎(板尾創路)は勝負に勝ったが、世界のチャップリンよりも、「日本の喜劇王」の座を賭けて千之助(ほっしゃん)を打ち負かす方が先だと言い、チャップリンには会わず、千之助と火花を散らすのだった。

(注釈:万太郎とチャップリンの実話は「おちょやん-万太郎とチャップリンの実話とネタバレ」をご覧ください。)

おちょやん-第15週のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する