カムカムエヴリバディ-モデルと最終回のネタバレ

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のあらすじとネタバレと感想です。

カムカムエヴリバディ-あらすじと最終回のネタバレ

橘安子(上白石萌音)は、ラジオ放送の始まった日(1925年3月22日)に岡山県岡山市の商店街にある和菓子屋「たちばな」の長女として生まれた。

父親は橘金太(甲本雅裕)で、母親は橘小しず(西田尚美)。橘安子(上白石萌音)は両親に愛されながら、和菓子屋「たちばな」の看板娘として育っていく。

昭和8年、橘安子(上白石萌音)は尋常小学校の3年生のとき、ラジオを買って貰ったので大喜びするが、ラジオは兄・橘算太(濱田岳)が盗んできた物と発覚する。

しかし、橘杵太郎(大和田伸也)が皆の喜ぶ顔を見て、本当にラジオを買ってくれたのだった。

そのようななか、兄・橘算太(濱田岳)は、チャップリンの影響を受けてダンサーになると言いだし、実家を飛び出して大阪へと行ってしまうのだった。

昭和14年、尋常小学校を卒業した橘安子が和菓子屋「たちばな」を手伝っていると、雉真勇(村上虹郎)の兄・雉真稔(松村北斗)が大阪から帰省する。

橘安子は雉真稔からラジオの英会話講座を教えられ、英会話講座を聴くようになる。

そして、橘安子は雉真稔と親しくなっていくが、幼なじみの雉真勇(村上虹郎)から「兄さんは雉真繊維の社長になる人だ。餡子屋の娘とは釣り合わない」と言われ、ショックを受ける。

それ以降、橘安子は雉真稔に会わなくなってしまうが、雉真稔が大阪へ戻るときに会いに行き、2人は文通を始めるのだった。

●ムカムエヴリバディ-第2週のあらすじとネタバレ

昭和15年、兄・橘算太(濱田岳)は戦争の影響でダンサーの仕事が無くなり、大阪から和菓子屋「たちばな」に戻ってくるが、売り言葉に買い言葉で、父親と大げんかして失踪する。

さて、戦況の悪化から、砂糖が手に入りにくくなっており、父親は砂糖を確保するため、橘安子(上白石萌音)に砂糖屋の次男との見合いを勧めた。

橘安子は、驚いて大阪の雉真稔(松村北斗)に会いに行くと、雉真稔は岡山に戻り、橘安子の両親に正式に交際を申し込むが、2人の前に餡子屋の娘と雉真繊維の跡取りという壁が立ちはだかるのだった。

一方、雉真稔は弟・雉真勇(村上虹郎)から、橘安子のことを好きなので「甲子園もアンコも諦めない」と宣言される。

しかし、戦況の悪化から、文部省の通達により、全国的なスポーツ大会は中止となったため、甲子園大会も中止になってしまう。

そのようななか、昭和16年12月8日、ラジオから日本が真珠湾を攻撃して、アメリカ・イギリスと戦闘態勢に入ったことを報じ、橘安子が聞いていた「基礎英語講座」は放送中止となったのだった。

●ムカムエヴリバディ-第3週のあらすじとネタバレ

昭和17年、戦争の影響で自由に買い物もできなくなっていた。

3月になり、雉真家の兄・雉真稔(松村北斗)が春休みで大阪から戻ってきて、入れ替わるように弟・雉真勇(村上虹郎)が大学の進学で東京へと向かう。

雉真繊維は軍服に生産が追いつかないため、工場の拡張を計画しており、大東亜銀行から無利子で融資を得ることになっていたが、融資の条件が兄・雉真稔と頭取の娘の結婚だった。

それを知った兄・雉真稔は結婚したい女性が居ると言い、父親に反発するが、父・雉真千吉(段田安則)から雉真家を出る覚悟はあるのかと問われるのだった。

それでも兄・雉真稔は、橘安子(上白石萌音)に「戦争が終わったら、大学を卒業したら、きっと。待っていて欲しい」と頼むが、橘安子は「最初から間違いだった。始めから分っていたはず。夢を見てしまいました」と言い、別れを告げた。

昭和17年6月、兄・橘算太(濱田岳)に召集令状が届き、帰郷した兄・橘算太は皆に見送られて出征していく。

昭和18年9月、日本は学徒出陣を決定し、雉真繊維の兄・雉真稔(松村北斗)も出征する可能性が出てきたので、父・雉真千吉(段田安則)は雉真稔の縁談を急いでとりまとめようとする。

それを知った弟・雉真勇(村上虹郎)は、頭取の娘とは自分が結婚するので、兄・雉真稔と橘安子を結婚させて欲しいと頼むが、父・雉真千吉は苦悩しながらも、取り合わなかった。

そのようななか、父・雉真千吉は和菓子屋「たちばな」を訪れて、橘安子の優しさに触れ、橘金太(甲本雅裕)からも、喧嘩別れをして息子の出征を見送らなかった後悔の念を聞くのだった。

昭和18年11月、兄・雉真稔(松村北斗)が出征の前に頭取の娘と結婚するために岡山に戻ってきた。

そこで、父・雉真千吉(段田安則)が雉真稔(松村北斗)を神社に連れて行くと、橘安子(上白石萌音)が兄・雉真稔の無事を祈願しており、父・雉真千吉は頭取の娘との結婚は断ったと言い、橘安子との結婚を認めたのだった。

そこで、雉真稔が「僕と結婚してください」と頼むと、橘安子は泣きながら「はい」と答えたのだった。

こうして2人は両家に認められて結婚し、短いが幸せな一時を過ごし、1ヶ月後に雉真稔は出征するのだった。

●ムカムエヴリバディ-第4週のあらすじとネタバレ

橘安子(上白石萌音)は夫・雉真稔が出征した2ヶ月後に妊娠した事を知る。

そのようななか、日本が真珠湾攻撃を行い、アメリカ・イギリスとの交戦状態に入り、生活は困窮していくが、橘安子は無事に女の子を無事に出産する。

夫・雉真稔は、ジャズマンのルイ・アームストロングから「るい」という名前を残しており、橘安子は生まれてきた女の子に「るい」と名付け、誰にも聞かれてはいけない敵性語の歌を子守歌代わりに、「るい」に聞かせるのだった。

やがて、日本が空襲を受けるようになり、岡山も空襲を受け、ケチベエこと赤螺吉兵衛(堀部圭亮)が死亡する。

さらに、防空壕に逃げ込んでいた母・橘小しず(西田尚美)と祖母・橘ひさ(鷲尾真知子)が死亡し、父・橘金太(甲本雅裕)は生きる気力を失ってしまう。

その後、ラジオから玉音放送が流れ、戦争が終わる。

橘安子は闇市で小豆を見つけ、元気のない父・橘金太のために餡子にしてオハギを作ると、父・橘金太は「こんなオハギを供えられたら、小しずらも安心して成仏できんわ」と言い、再びお菓子作りを始めるのだった。

空襲から100日後、空襲で焼けた百貨店が再会し、人々は活気を取り戻し始めた。

父・橘金太は「菓子は苦しいときほど必要だと思う」と言い、和菓子屋「たちばな」を再建して、おはぎを売り始めた。

そのようななか、出征していた兄・橘算太(濱田岳)が無事に戻ってきて、父・橘金太は大喜びするが、翌日、父・橘金太は死んでしまうのだった。

終戦後から3ヶ月後、ラジオの英語講座「基礎英語講座」が復活した。橘安子は英語講座を聴きながら、夫の帰りを待つなか、夫の弟・雉真勇(村上虹郎)が無事に復員する。

そのようななか、夫の雉真稔(松村北斗)が戦死したという知らせが届き、橘安子は泣き崩れるのだった。

●ムカムエヴリバディ-第5週のあらすじとネタバレ

橘安子(上白石萌音)は、夫・雉真稔(松村北斗)の死後も、雉真家で暮らしていたが、姑の雉真美都里(YOU)が橘安子を追い出そうと画策する。

そして、橘安子は、義父・雉真千吉(段田安則)から、娘「るい」を雉真家の養子することを求められた。

心配した雉真勇(村上虹郎)は、橘安子に岡山を出るように勧め、橘安子は雉真勇の支援を受け、娘「るい」を連れて大阪へと逃げた。

橘安子は、大阪で夫・雉真稔が下宿していた「おぐら荘」に部屋を借りると、お菓子を売って生計を立てるために奔走するのだった。

やがて、平川唯一の「英語会話」というラジオ番組が始まり、橘安子は民家から流れてきた平川唯一の「英語会話」を聞き、毎日のように民家の軒先で平川唯一の「英語会話」を聞くようになると、泥棒と間違われてしまうのだった。

昭和22年、お菓子の材料となる砂糖や小麦少しずつ手に入るようになってきた。平川唯一の「英語会話」は爆発的な人気となっていた。

橘安子は、お菓子を売りながら倹約を続け、ラジオを購入し、娘「るい」と一緒に平川唯一の「英語会話」を楽しみに聞きながら、幸せに暮らしていた。

そのようななか、義父・雉真千吉が大阪にやってきて、「るい」を連れて雉真家に戻ってくるように説得する。

しかし、橘安子はこの話を断り、お菓子作りに精を出し、大口の顧客を増やすため営業も始め、平川唯一の「英語会話」を聞く暇もないほど忙しい日々を送るのだった。

その後は、橘安子(上白石萌音)は戦争で夫を失い、長女・雉真るい(深津絵里)を残してアメリカへと旅立つという展開になり、「カムカムエヴリバディ」の1部の終了となります。

スポンサードリンク

カムカムエヴリバディ-第2部のあらすじとネタバレ

「カムカムエヴリバディ」の第2部の主人公は、雉真るい(深津絵里)です。

橘安子(上白石萌音)の長女・雉真るい(深津絵里)は、岡山県の雉真家で育ったが、自分らしく自由に生きたいと思い、昭和37年、18歳の時に岡山県を飛び出して、大阪へと向かった。

そして、雉真るい(深津絵里)は大阪で「竹村クリーニング店」を営む竹村平助(村田雄浩)と出会い、「竹村クリーニング店」に住み込みで働くようになり、看板娘となる。

「竹村クリーニング店」には、謎の常連客・大月錠一郎(オダギリジョー)が居り、雉真るい(深津絵里)は大月錠一郎から大きな影響を受けて、良い感じなる。

女子大生のベリー(市川実日子)は、大月錠一郎の事が好きで、大月錠一郎と雉真るいが仲良くしていることから、雉真るいの事を徹底的に敵視する。

また、「竹村クリーニング店」の得意先にジャズ喫茶があり、雉真るい(深津絵里)はジャズと出会うことになる。

カムカムエヴリバディ-第3部のあらすじとネタバレ

「カムカムエヴリバディ」の第2部のヒロインはひなた(川栄李奈)で、昭和40年代の京都から始まります。

第2部の雉真るい(深津絵里)が昭和37年から始まるので、雉真るいは早めに結婚する可能性が大きいです。

スポンサードリンク

カムカムエヴリバディ-モデルのネタバレ

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」には原作はありません。オリジナル脚本です。

しかし、「カムカムエヴリバディ」には、平川唯一(ひらかわ・ただいち)という実在のモデルが居るので、平川唯一の実話を紹介します。

平川唯一(ひらかわ・ただいち)は明治35年(1902年)2月に岡山県高梁市で、農家の次男として生まれました。

朝ドラ「おちょやん」のモデル浪花千栄子が明治40年生まれなので、平川唯一の方が5歳年上になります。

ちなみに、朝ドラ「エール」のモデル古関裕而は明治42年8月生まれです。

さて、平川唯一は小学校を卒業して実家の農業を手伝っていたのですが、父親はアメリカに出稼ぎに行ったきり、戻ってきませんでした。

そこで、帰国するように手紙を書いたところ、逆に父親から「アメリカに来なさい」と勧められたので、16歳の時にアメリカに渡り、父親の元で働きます。

1年ほどすると、父親が帰ることにしたのですが、当時は今のように簡単にアメリカへ行く事が出来ない時代だったので、平川唯一はアメリカに残ることにしました。

小学校しか卒業していない平川唯一は、英語など話せなかったので、アメリカの日本人向け販売店で働いていたのですが、ときどき、英語しか話せない客も来るので、仕事で困るようになってきました。

そこで、英語の勉強を始めるのですが、上手くいかないので、仕事を辞め、アメリカ人家庭の書生にしてもらい、17歳の時に現地の小学校に入学しました。

アメリカは飛び級制度があるので、3年で小学校を卒業して高校へ進学。高校時代に弁論大会に出場し、決勝まで進ほど英語が上達していました。

その後、ワシントン大学へと進学し、演劇を学んで、昭和10年にワシントン大学を首席で卒業しました。

卒業後、セントメリーズ・チャーチ教会の副牧師となり、昭和11年に日本人の滝田ヨネと結婚し、昭和12年に長男が生まれました。

この頃になると、アメリカで反日感情が高まっていたので、平川唯一は妻子を連れて帰国し、NHKの採用試験を受けて、外国向け放送のチーフアナウンサーとなりました。

■カムカムエヴリバディ-モデルのネタバレ後編

戦後、平川唯一はNHKの通訳として、GHQと交渉していたのですが、NHK幹部の誤解を招き、NHKを退職します。

ところが、退職した1ヶ月後にNHKから英会話番組を依頼され、平川唯一は英会話番組を担当することになりました。

当時のNHKはGHQの監督下にあり、GHQの許可がなければ、番組は制作できないため、実質的にはGHQの意向と考えて良いでしょ。

さて、平川唯一は英会話番組を引き受けたものの、英語は話せても、英語を教える事は素人だったので困ってしまいます。

そこで、平川唯一は自分がアメリカの小学校で子供達と一緒に英語を学んだ事を思いだし、子供が母親から英語を学ぶように学べば良いのではないかと気付き、口まねという方法を思いついた。

さらに、平川唯一は敗戦で暗くなっている日本を少しでも明るくしたいと考え、童謡「証城寺の狸囃子」の替え歌で、「カム・カム・エブリバディ」という曲を作り、英会話番組のテーマ曲放送した。

すると、英会話番組が大ヒットし、平川唯一は敗戦国の日本で英会話ブームを起こしたのです。

しかし、英会話ブームはわずか5年で終わり、平川唯一のNHKの英会話講座も昭和26年(1951年)2月に放送を終了しました。

スポンサードリンク

カムカムエヴリバディ-登場人物とキャストのネタバレ

●和菓子屋「たちばな」

  1. 橘安子(上白石萌音)・・・主人公
  2. 橘算太(濱田岳)・・・安子の兄
  3. 橘金太(甲本雅裕)・・・安子の父
  4. 橘小しず(西田尚美)・・・安子の母
  5. 橘ひさ(鷲尾真知子)鷲尾真知子・・・安子の祖母
  6. 橘杵太郎(大和田伸也)・・・安子の祖父

●豆腐屋「水田屋とうふ」

  1. 水田きぬ(小野花梨)・・・安子の幼なじみ
  2. 水田卯平(浅越ゴエ)・・・「水田屋とうふ」の店主

●雉真繊維(きじませんい)

  1. 雉真稔(松村北斗)・・・雉真家の長男
  2. 雉真勇(村上虹郎)・・・雉真家の次男
  3. 雉真千吉(段田安則)・・・雉真繊維の社長
  4. 雉真美都里(YOU)・・・千吉の妻
  5. 雉真雪衣(岡田結実)・・・雉真家の嫁
  6. 雉真るい(深津絵里)・・・橘安子(上白石萌音)の娘

●岡山編

  1. ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)・・・米軍将校
  2. 柳沢定一(世良公則)・・・喫茶店のマスター
  3. 柳沢健一(前野朋哉)・・・マスターの息子
  4. 小川澄子(紺野まひる)・・・主婦
  5. 赤螺吉兵衛(堀部圭亮)・・・ケチ兵衛
  6. 田中(徳井優)・・・借金取り
  7. 小椋くま(若井みどり)・・・おぐら荘の大家
  8. 村野タミ(西川かの子)・・・雉真家の女中
  9. 神田猛(武井壮)・・・海軍主計中佐
  10. 平川唯一(さだまさし)・・・ラジオ英会話の講師

●カムカムエヴリバディ-大阪編

  1. 雉真るい(深津絵里)・・・橘安子(上白石萌音)の娘
  2. 大月錠一郎(オダギリジョー)・・・クリーニング店の客
  3. ベリー(市川実日子)・・・大月錠一郎を好きな女子大生

●その他

  1. 桃山剣之介(尾上菊之助)・・・銀幕スター

■登場人物

●橘安子(たちばな・やすこ)

橘安子(上白石萌音)は、日本でラジオ放送が始まった1925年3月22日に、岡山県岡山市の和菓子屋「たちばな」で生まれ、「たちばな」の看板娘として育ち、ラジオ講座をきっかけに英語を学び始める。

●橘金太(たちばな・きんた)

橘金太(甲本雅裕)は、御菓子司「たちばな」の2代目で、餡子の味を大切にして、和菓子作りに精を出している。橘安子(上白石萌音)の父親である。

●橘算太(たちばな・さんた)

橘算太(濱田岳)は、橘安子(上白石萌音)の兄で、御菓子司「たちばな」の長男である。御菓子司「たちばな」を継ぐために和菓子の修行を始まるのだが、和菓子に興味が無いようで、修行に身が入らない。

●橘小しず(たちばな・こしず)

橘小しず(西田尚美)は、橘安子(上白石萌音)の母親で、御菓子司「たちばな」の女将さんとして店を切り盛りしている。

●橘ひさ

橘ひさ(鷲尾真知子)は、橘安子(上白石萌音)の祖母で、おしるこは絶品である。

●橘杵太郎(たちばな・きねたろう)

橘杵太郎(大和田伸也)は、橘安子(上白石萌音)の祖父である。御菓子司「たちばな」の初代大将で、職人には厳しいが、橘安子には優しい。

●雉真稔(きじま・みのる)

雉真稔(松村北斗)は、雉真繊維の社長・千吉の長男で、英語が堪能。大学生ながらに、雉真繊維の海外進出を目指しており、橘安子(上白石萌音)に大きな影響を与える。

●雉真勇(きじま・いさむ)

雉真勇(村上虹郎)は、雉真繊維の社長・千吉の次男で、甲子園を目指している。橘安子(上白石萌音)の同級生で、橘安子に好意を抱いているようだ。

雉真千吉(きじま・せんきち)

雉真千吉(段田安則)は、岡山の名門・雉真家の当主で、繊維会社「雉真繊維(きじませんい)」を立ち上げて、1代で大企業へと育て上げたやり手の社長である。

●水田きぬ(みずた・きぬ)

水田きぬ(小野花梨)は豆腐屋「水田屋とうふ」の娘で、橘安子(上白石萌音)の同級生である。

ロバート・ローズウッド(村雨辰剛)

ロバート・ローズウッドは進駐軍の将校として来日したが、日本では英語が通じずに困っているところを、平川唯一(さだまさし)のラジオ英会話放送で英語を勉強していた橘安子(上白石萌音)に助けられ、橘安子に大きな影響を与える。

柳沢定一(やなぎさわ・ていいち)

柳沢定一(世良公則)は、雉真稔(松村北斗)が通う喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」のマスターで、コーヒーとジャズをこよなく愛している。

柳沢健一(やなぎさわ・けんいち)

柳沢健一(前野朋哉)は、柳沢定一(世良公則)の息子で、父・定一とともに喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」を切り盛りしている。

小川澄子(おがわ・すみこ)

小川澄子(紺野まひる)は大阪の主婦で、平川唯一(さだまさし)のラジオ英会話番組「カムカム英語」を聴いており、橘安子(上白石萌音)が「カムカム英語」を聴くようになる切っ掛けを作る。

田中(徳井優)

田中(徳井優)は強面の借金取りで、橘安子(上白石萌音)の実家である和菓子屋「たちばな」に借金の取り立てに訪れる。

小椋くま(若井みどり)

小椋くま(若井みどり)は大阪にある「おぐら荘」の大家で、大阪の大学に進学する雉真稔(松村北斗)を下宿させる。

村野タミ(西川かの子)

村野タミ(西川かの子)は、岡山県で繊維会社「雉真繊維(きじませんい)」を営む雉真家で働く女中で、雉真家の人々が幸せに暮らせるように家政に尽くしている。

雉真るい(深津絵里)のネタバレ

雉真るい(深津絵里)は、橘安子(上白石萌音)の娘で、18歳の時に岡山を飛び出して大阪へ行き、「竹村クリーニング店」を営む竹村平助(村田雄浩)と知り合い、「竹村クリーニング店」で住み込みで働くようになる。

そして、雉真るい(深津絵里)は「竹村クリーニング店」の常連客・大月錠一郎(オダギリジョー)と出会うのだった。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。




コメント欄

面白かったです

  • 投稿者-
  • 杉山可南

神社で稔が安子に「僕と結婚してください」に還暦の私は「はい」と返事をしてしまいました。自分の年を考えずに。稔さん、大好き!必ず生きぬいて欲しい。帰ってきて!

  • 投稿者-
  • 岡祐子