おちょやん-監督の村川茂(むらかわ・しげる)のモデルは村田実

NHKの朝ドラ「おちょやん」に登場する映画監督の村川茂(むらかわ・しげる)のモデルとネタバレです。

■村川茂(森隼人)のネタバレ

村川茂(森隼人)は、松竹撮影所の「作るシャシンは全て当たる」という鬼才映画監督で、高城百合子(井川遥)を主演にして映画「太陽の女・カルメン」の撮影することになるが、高城百合子と度々、意見が対立するのだった。

スポンサードリンク

■村川茂のモデル

村川茂のモデルは、日活の映画監督・村田実だと考えれます。

当サイトでは、高城百合子(井川遥)のモデルを岡田嘉子と紹介しているので、村田実と岡田嘉子に関連するエピソードを紹介します。

日活が女優・岡田嘉子をスターとして引き抜いており、岡田嘉子が日活に移籍して最初の作品が、大正14年(1925年)の映画「街の手品師」で、映画「街の手品師」は芸術的な名作として高い評価を得た。

「街の手品師」を撮影した監督が村田実で、脚本を書いたのだが森岩雄だった。

森岩雄は「街の手品師」をヨーロッパに売り込みに行ったが、日本の文化が理解されず、苦労したようだ。

さらに、ジョージ本田(川島潤哉)のモデルは、日活の映画監督・フランク徳永で、フランク徳永は映画「街の手品師」で助監督を務めていた。

■岡田嘉子の駆け落ち

さて、朝ドラ「おちょやん」の第31話で、村川茂(森隼人)と高城百合子(井川遥)が台本について口論するシーンがあったが、これも岡田嘉子の実話を元にしたエピソードである。

昭和2年(1927年)、映画監督の村田実は映画「椿姫」の撮影を始めた。主役は竹内良一で、相手役が岡田嘉子だった。

「椿姫」の撮影中、岡田嘉子は監督の村田実から、公衆の面前で罵倒され、仕事上の不安を抱えるようになる。

このころ、岡田嘉子は内縁関係にあった夫・山田隆弥(横川唯治)との関係が悪化しており、私生活でも悩んでいた。

岡田嘉子は、映画の相手役・竹内良一に不安を見透かされ、竹内良一に不安を相談し、映画の「椿姫」の撮影中に2人で失踪してしまった。

監督の村田実は、岡田嘉子が駆け落ちしてしまったので、夏川静江を起用して映画「椿姫」の撮影を続けた。

映画「椿姫」は岡田嘉子の主演を前提として作られた作品だったので、夏川静江の代役を嫌がったほどで、映画は大した内容では無かった。

しかし、岡田嘉子が駆け落ちしたというゴシップ効果もあり、映画「椿姫」は興行的に大当りし、夏川静江は一躍スターに躍り出るのだった。

なお、その他の登場人物のモデルや実話の解説は「朝ドラ「おちょやん」のあらすじとモデルのネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する