間宮響(竹内涼真)の三浦高校ゾンビ事件

竹内涼真が主演する日本テレビのドラマ「君と世界が終わる日に」の原作とあらすじとネタバレの後半です。

前編は「君と世界が終わる日に-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

■君と世界が終わる日に-あらすじとネタバレ後半

スポンサードリンク

■港にて

間宮響(竹内涼真)らが港にたどり着くと、ゾンビは居なかったので、平穏な時間を過ごし、翌朝を迎えた。

警察官の等々力比呂(笠松将)が港にあった無線を調べていると、無線から助けを呼ぶ声が聞こえてきた。

なんと、助けを呼んでいたのは、間宮響(竹内涼真)の恋人・小笠原来美(中条あやみ)だった。小笠原来美はバスの中に隠れているのだが、バスがゾンビの集団に取り囲まれていた。

そのころ、自衛隊横須賀駐屯地では、謎の男・首藤(滝藤賢一)が塀の中で鎖に繋がれたゾンビたちを見つめていたのだった。

君と世界が終わる日に-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する